スポンサーリンク

宮澤エマの父がすごい!祖父は総理大臣!ミュージカル女優でも活躍中

宮澤エマさんの父がすごい人で年収が1億円以上あるのではないかと言われています。

さらに祖父は第78代内閣総理大臣の宮沢喜一さん。

現在、宮澤エマさんはミュージカル女優やタレントとしても活躍しています。

スポンサーリンク

宮澤エマはミュージカル女優として活躍中

テレビのコメンテーターのイメージが強い宮澤エマさんですが、ミュージカル女優として精力的に活動をしていると言います。幼いころから歌や芝居が好きだったらしく、小学生のころは演劇部に入り、バンドや歌について学んだそうです。

大学に入ってからは、勉強をしながら他の分野に目を向けたり、別の将来について考えたらしいものの、卒業後も「歌いたい」と強く思い、芸能界に入ったとのことです。オーデションで宮本亜門さんに見こまれて、舞台に立つことに。映画の「天使にラブ・ソングを」舞台化したミュージカルで女優デビューして「歌って芝居できる喜びを日々感じています」と生き生きと舞台で活躍しているようです。

ミュージカル女優としてだけでなく、歌うこと自体、好きらしく、ネットで歌声を披露もしているようです。好きなジャンルは60年代のジャズブルース、昭和の歌謡曲と渋めで、ユーミンの「卒業写真」やエルトン・ジョンの「Your Song」を歌っている動画があるそうです。

他に「女優倶楽部」といって、宮澤エマさんを含め、女優5人と監督が組んで即興芝居をしたり歌ったりしている動画もあります。テレビのコメンテーターとしての顔しか知らない人は、舞台や動画を見ると、イメージががらりと変わるかもしれませんね。

スポンサーリンク

宮澤エマの父の年収が1億円以上

宮澤エマさんの祖父は宮沢喜一元総理大臣と有名ですが、お父さんもすごい方なのだそうです。お父さんはクリストファーJ. ラフルアーさんといって、アメリカの方。

駐マレーシア米国大使をはじめ、アジアに向けたアメリカの政府機関で働き、今は「LMアソシエイツ」を設立して代表になっています。それだけでなく、他の会社の会長や取締役(非常勤)を兼務しているとのことです。アメリカ政府機関の働きの実績が認められてのことなのでしょう。

自分で会社を持っているだけでなく、会長や取締役を兼務しているのなら、そりゃあ年収は1億円以上でしょう。ただ、すごいのは年収だけでなく、日米学生会議や日米協会の理事をやっているとのことで、やはり宮沢喜一元総理大臣が義父だけあり、国際協力を支援する立派なことをしているようです。

宮澤エマさんのお母さん、宮沢喜一元総理大臣の長女のラフルアー宮澤啓子さんも負けていなく、慶応大学からコロンビア大学、フランス留学をして、ドイツ航空のCA、外資系化粧品会社、アメリカ外交官夫人と、すごい学歴とキャリアを持ち、今は人口ジュエリーの輸入ビジネス会社の社長をしているそうです。お母さんもビジネスが成功しているのなら、家庭の年収は1億円をかるく超すかもしれませんね。

スポンサーリンク

宮澤エマの祖父は第78代内閣総理大臣

宮澤エマさんといえば、祖父が第78代内閣総理大臣の宮沢喜一さん。さぞかし、立派で厳しい人だったのだろうと思いきや、宮澤エマさんにとっては、普通のおじいちゃんだったようです。

宮澤喜一さんが総理大臣だったのは、宮澤エマさんが2、3歳のときで、18歳のころに亡くなったと言います。総理大臣を辞めても、内閣の大臣を務めて忙しかったらしく、そんなに長く一緒にいられたわけではないようです。

2人きりで出かけたのは、宮澤エマさんの誕生日にたまごっちを買いに、原宿へ行ったきりとのこと。SPを連れて3人で原宿を歩いていると、周りから声をかけられると思いきや、モーゼの十戒で波が割れるように、人がさーっと引いたのに驚いたと言います。

家庭では宮澤喜一さんが、父親と英語で難しそうな話をする以外は、政治や仕事の話をしたり、政治家としての顔を見せることがなかったので、そういう周りの反応を見て、改めて「祖父はすごい人なのだな」と思ったそうです。

それだけ、自分が総理大臣の孫と意識しなかったらしい宮澤エマさんですが、宮澤喜一さんが大蔵省にいて2千円札が導入された時は、そうもいかなかったようです。「2千円札っているの?」と周りの反応が悪いのを見て、さすがに動揺をしたと言います。

そうやって、多少、宮澤喜一さんの影響を感じたことがあったとはいえ、宮澤エマさんにとっては、誕生日にたまごっちを一緒に買いに行ってくれた「いいおじいちゃん」だったようです。

スポンサーリンク

宮澤エマとダイゴは共通点が多い

宮澤エマさんが「徹子の部屋」に出演した時、黒柳徹子さんのほうから、「他にも総理大臣のお孫さんがいらっしゃる」と以前に出演したダイゴさんの話題を振ったようです。それを受けて、宮澤エマさんは芸能界に入ったころに、ダイゴさんと共演することが多かったことを語り、そのときに「孫タレとして、共にかんばりましょう」と共闘を持ちかけるような、励ましの言葉をかけられたと言います。

孫タレは他にもいるとはいえ、総理大臣の、となると有名なのは宮澤エマさんとダイゴさんくらいでしょう。それに宮澤エマさんが言うには、孫タレという以外にも、自分はミュージカル女優、ダイゴさんはバンドと、歌の共通点もあるそうです。

総理大臣の孫となれば、周りから注目され、時に騒がれるもの。ダイゴさんの場合は、竹下登総理が消費税3%を導入したときに、学校でかなり騒がれたと言います。同じ立場の宮澤エマさんにも、似たような経験があるかと思いきや、本人曰く「芸能人が親ならまだしも、身内が政治家なんて子供は興味がない」らしく、そんなに騒がれることはなかったそうです。

総理大臣の孫といっても、同じだったり似ていることばかりでなく、微妙な違いがあるようです。

スポンサーリンク

宮澤エマのまとめ

宮沢喜一元総理大臣の孫として売りだしながらも、そのことに気負うことなく、テレビのコメンテーターをこなし、ミュージカル女優として活躍をしているようです。

幼いころから歌や芝居が好きだったらしく、小学生のころは演劇部に入り、バンドや歌について学び、大学に入ってからは、別の将来について考えたらしいものの、卒業後も「歌いたい」と強く思い、芸能界に入ったとのことです。

オーデションで宮本亜門さんに見こまれて、映画の「天使にラブ・ソングを」舞台化したミュージカルで女優デビューして「歌って芝居できる喜びを日々感じています」と生き生きと舞台で活躍しているようです。

お父さんはクリストファーJ. ラフルアーさんといって、アメリカの方。駐マレーシア米国大使をはじめ、アジアに向けたアメリカの政府機関で働き、今は「LMアソシエイツ」を設立して代表になっています。それだけでなく、他の会社の会長や取締役(非常勤)を兼務しているとのことで、しかもお母さんがジュエリーの輸入ビジネス会社の社長をしているというので、家庭の年収は1億円をかるく超えていそうです。

第78代内閣総理大臣だった宮沢喜一さんなら、さぞかし、立派で厳しい人だったのだろうと思いきや、宮澤エマさんにとっては、普通のおじいちゃんだったようです。誕生日にたまごっちを買いに、原宿へ一緒に行ってくれるような人で、ただ、モーゼの十戒で波が割れるように、人がさーっと引いたのに驚いたと言います。

芸能界に入ったころ、ダイゴさんと共演することが多く、そのときに「孫タレとして、共にかんばりましょう」と共闘を持ちかけるような、励ましの言葉をかけられたと言います。孫タレは他にもいるとはいえ、総理大臣の、となると有名なのは宮澤エマさんとダイゴさんくらいで、ミュージカル女優、バンドと、歌の共通点もあるそうです。

テレビのコメンテーターとして活動しつづけるのか、それよりミュージカルで人気が出て女優業に専念するのか、もしかしたら将来、政治家になるのか、色々な可能性があって、これからの活躍が楽しみですね。

タレント
スポンサーリンク
sufiabomuをフォローする
エンタメハック

コメント