スポンサーリンク

村雨辰剛の彼女がダレノガレ明美なのは勘違い!筋肉がすごい庭師!

筋肉体操で話題になった庭師の村雨辰剛さんの彼女がダレノガレ明美さんでないかと言われていますが、どうやら勘違いだったようです。

スポンサーリンク

村雨辰剛はスウェーデン出身の庭師

村雨辰剛,スウェーデン,彼女,ダレノガレ明美,筋肉,庭師

スウェーデン出身のイケメン庭師として注目されている村雨辰剛さん。名前だけ見ると、日本人より日本人らしい人に思えますが、本名はヤコブ・セバスティアン・ビョークといって、ばりばりの外国人です。

もともと、日本伝統に関わること、そして、古くからある師弟関係などのしきたりが残っているところで働きたいと望んでいたと言います。なので、18歳で来日をして、はじめは語学学校で働いていたものの、求人雑誌で「造園業」の求人を見つけて、それが日本庭園を造る仕事だと知り、バイトをしたそうです。

そういう経験を経てから、愛知県の西尾というところにある会社、加藤造園に改めて弟子入りをしました。憧れの師弟関係を結ぶことになった親方には良くしてもらったようで、教えてもらった架空の名刀「村雨」、また親方から直に名前の「剛」を拝借して、自分が辰年ということも合わせて、「村雨辰剛」にしたそうです。

親方のもとで5年修行を積み、2017年には独立を果たしました。まだ若いとあって、インスタで修行中のことを報告して、修行最後の日には、親方への感謝の思いを綴ったようです。英語と日本語で書かれていたこともあって、「いいね!」は1000件以上も押されました。

2016年には日本に帰化して、本格的に庭師として活躍しながら、芸能事務所YMNに所属していて、そこで登録した「タレント」としても、これからの活躍が期待されているようです。テレビなどで日本庭園の魅力を伝えたいのか、それとも、まったく違うジャンルで活動をするのか、注目したいですね。

スポンサーリンク

村雨辰剛はなぜ日本に憧れた?

村雨辰剛,スウェーデン,彼女,ダレノガレ明美,筋肉,庭師

ハリウッドスター並にかっこいいと言われる村雨辰剛さんが、しかも、スウェーデンという遠いところから、どうして、わざわざ日本に来て、帰化までしたのか、気になるところですよね。日本のどういったところに憧れたのでしょうか。

村雨辰剛さんは、子供のころから外国に関心があり、いつかは母国やヨーロッパでもない、まったく違う文化や歴史のある国に住んでみたいと思っていたと言います。そう思いながら、インターネットで調べていて、目に留まったのが日本。漫画やアニメのイメージしかなかったという日本について、あらためて調べてみると、仏教信教、伝統文化や歴史的建築、歴史好きとあって戦国時代などにとても惹かれたとのことです。

スウェーデンではほとんど日本の情報が入ってこなかっただけに、東洋の秘境のように思えて、余計に魅せられたそうです。そして、16歳の時にはついに来日して、神奈川県の家にホームステイをしました。ホームステイ先は日本家屋で、毎朝、仏壇の前でお経を読んだりする、昔ながらの家庭だったようです。

そんな家でホームステイしたことで、より日本への思いが募った村雨辰剛さんは「いつか日本で暮らそう」と心に決めたと言います。早速アルバイトをしてお金を貯めて18歳の時に、再来日する際には、両親は反対しなかったとのことです。はるか遠くのよく知らない国に息子が行くことに不安はあったでしょうが、村雨辰剛さんが幼いころから「海外で暮らしたい」と言って日本語を勉強していたのを見ていたので、送り出してくれたのでしょう。

インターネットを通して、東洋の秘境に魅せられたスウェーデンの少年は、実際にその東洋の秘境にある家にホームステイして、もともとの憧れをさらに膨らませて、日本に帰化するまでに至ったようです。

スポンサーリンク

村雨辰剛の筋肉がすごい

村雨辰剛,スウェーデン,彼女,ダレノガレ明美,筋肉,庭師

村雨辰剛さんのマッチョぶりは服の上からでも、よく分かります。これは是非、拝ませてもらいたいと、インタビューでお願いをしたら、なんと快く脱いでくれたと言います。そして、露になった上半身は、思った以上に筋肉がむきむきだったそうです。

体力のいる庭師の仕事で、こんなに筋肉がつくのかと思うところ、仕事とは別に村雨辰剛さんは筋トレをしていると言います。自宅で週に5、6回ほどバーベルやダンベルを使って筋トレをして、体脂肪を落としたいときは、有酸素運動までするとのこと。そこまで鍛えているだけに、前にはボディービルダーの分野のある大会にも出たことがあるそうです。

食事にも気を使って、たんぱく質と野菜を多めに食べて、炭水化物は必要なだけ、白米なら1日、茶碗半分か1杯分くらいにしているとか。筋トレを欠かさずにして、そういった食事に気をつければ、2、3年で、誰でも自分のように筋肉をつけられると村雨辰剛さんは言います。というのも、ガリガリの状態から鍛えあげた実績があるからです。曰く「筋肉に才能は関係ない」とのこと。

村雨辰剛さんのそんな筋肉や、かっこよさがNHKの目に留まって、あの話題の「みんなで筋肉体操」に出演をしました。深夜の5分間しか放送されない番組に関わらず、「このイケメンマッチョ外国人は誰だ!」ととても注目されたそうです。

スポンサーリンク

村雨辰剛の彼女はダレノガレだった?

村雨辰剛,スウェーデン,彼女,ダレノガレ明美,筋肉,庭師

村雨辰剛さんの彼女がダレノガレ明美さんだという噂が流れているそうです。ハリウッドスター並にかっこいい村雨辰剛さんなので、ダレノガレさんとはお似合いに見えますが、そんなにまだテレビに出演していない村雨辰剛さんと、ダレノガレさんの接点とは、何なのでしょうか。

お似合いな2人に思えるとはいえ、噂が立ったのは勘違いからのようです。なんでもダレノガレさんのお兄さんも、庭師なのだと言います。福住龍司さんといって、横浜で造園会社を経営しているそうです。お兄さんのことを調べる人が多く「ダレノガレ、庭師」という検索ワードを見て、誤解をしたのかもしれませんね。また庭師というだけでなく、「龍」と「辰」と名前も通じるものがあるようです。

村雨辰剛さんは、芸能事務所に所属して「タレント」として登録しているとはいえ、庭師の仕事もしているので、ダレノガレ明美さんと交際どころか、出会える機会もそうそうなさそうですね。

スポンサーリンク

村雨辰剛のまとめ

村雨辰剛,スウェーデン,彼女,ダレノガレ明美,筋肉,庭師

日本で活躍している外国人タレントは多くいますが、庭師とタレントを兼業するイケメンの村雨辰剛さんというスターが、新たに誕生するかもしれません。

日本伝統に関わること、そして、古くからある師弟関係などのしきたりが残っているところで働きたいと望み、18歳で来日をして、求人雑誌で「造園業」の求人を見つけて、バイトをしたそうです。それから、愛知県の西尾というところにある会社、加藤造園に改めて弟子入りをして、5年修行を積み、2017年には独立を果たしました。

村雨辰剛さんは、子供のころから外国に関心があり、いつかは母国やヨーロッパでもない、まったく違う文化や歴史のある国で住んでみたいと思っていたと言います。それで目に留まったのが日本で、漫画やアニメのイメージしかなかったものの、あらためて調べてみると、仏教信教、伝統文化や歴史的建築、歴史好きとあって戦国時代などにとても惹かれたとのことです。

自宅で週に5、6回ほどバーベルやダンベルを使って筋トレをして、食事にも気を使い、たんぱく質と野菜を多めに食べて、炭水化物は必要なだけ、白米なら1日、茶碗半分か1杯分くらいにしているとか。あの話題の「みんなで筋肉体操」に出演をしたときは、「このイケメンマッチョ外国人は誰だ!」ととても注目されたそうです。

ハリウッドスター並にかっこいい村雨辰剛さんと、ダレノガレさんとはお似合いに見えるとはいえ、噂が立ったのは勘違いからのようです。なんでもダレノガレさんのお兄さんも、庭師だそうで、そんなお兄さんのことを調べる人が多く「ダレノガレ、庭師」という検索ワードを見て、誤解をしたのかもしれません。

もし、村雨辰剛さんがタレントとしても活躍できたら、ダレノガレさんが彼女になることも、今度は誤解でなく、実現するかもしれませんね。

タレント
スポンサーリンク
エンタメハック

コメント