スポンサーリンク

内山信二は余命5年!子役時代の年収は3000万以上!逮捕されてた

内山信二さんは余命5年と医師から宣告されました!

さらに子役時代の年収は3000万以上だったことをテレビで暴露!

スポンサーリンク

内山信二が余命5年!糖尿病の疑いもあり!

内山信二,逮捕,余命,子役時代,糖尿病,女性問題

2017年に番組「名医の太鼓判!」に出演した内山信二さんは、医師に「余命6年で寿命は42歳だ」と衝撃の診断をされました。ショックを受けたろう内山信二さんは、それまでの暴飲暴食をしていたり運動不足だった生活習慣をあらためて、努力した甲斐があり、中性脂肪が大分、落ちたこともあったようです。

そうして、1年後、また同番組で人間ドックを受けたところ、医師に言われたのは「余命は5年」。生活習慣をあらためたはずが、1年寿命が短くなって、内山信二さんは、ショックを隠せなかったようです。

どうやら、内山信二さんの体の問題は、すこし生活習慣をあらためるだけでは、解決できるレベルでないとのことです。落とした中性脂肪は、それでも基準値を100以上上回り、空腹時の血糖値も基準より上という、検査して7項目も異常だったことが判明したと言います。それらは、糖尿病になってもおかしくない数値とのことです。

さらに大腸検査をしたときに、内山信二さんは医師に「昨年、6個ポリープがあったから、5個取った」と打ち明けていました。その腫瘍性ポリープはガンになる可能性があるもので、医師に言わせれば、「30代でできるのは珍しい」とのこと。

そりゃあ、30代でガンになりたくなかったでしょうから、腫瘍性ポリープをとったわけですが、再び検査をしてみると、4個も見つかったそうです。1個を残して除去したはずが、また増えたようです。

ポリープができる原因は、運動不足や、肉の過食、野菜不足、喫煙だと言い、内山信二さんは全部が当てはまるそうです。そんな内山信二さんなので、もともとの生活習慣がひどすぎて、あらためたといっても、まだまだ不摂生でいるのかもしれません。

スポンサーリンク

内山信二の子役時代の年収が3000万!

内山信二,逮捕,余命,子役時代,糖尿病,女性問題

人気番組「あっぱれさんま大先生!」に6歳で出演しデビューを果たした内山信二さんは、さんまさんに気に入られたこともあって、一気に人気に火が付きました。番組だけでなく、多くのCMに出演したことで、そのころは年収は3000万を超えていたのではないかと言われていました。

そういった噂より、さらに驚くべきことに、内山信二さんは「年収」ではなく「月収」が3000万だったと打ち明けたそうです。最高月収なのでしょうが、そんなに稼いでいたなら、年収3000万はかるく超えていたでしょう。

当時はギャラは手渡しで、札束をもらっていたという内山信二さんは、金銭感覚が狂っていったと言います。両親に「あんたらより稼いでる!」と暴言を吐いたり、高級焼肉店に週5日通ったり、駄菓子屋の商品を全部買い占めたり、本人曰く、かなりの「クソガキ」だったそうです。

金銭感覚が狂ったままでいたので、仕事が減っていったのにも気づかず散財しつづけ、気が付けば、16歳のころには収入がほとんどない状態になっていました。それから、なんとかタレントとして復活したものの、子供のころの金銭感覚が抜けないからか、事業に失敗したり、医師に「余命は5年」と診断されたり、中々調子は上向かないようです。

月収3000万円をもらっていたころの、金銭感覚が完全に抜けることがあるのか。抜けることができたとしたら、内山信二さんのもっと輝かしい活躍を見ることができるかもしれませんね。

スポンサーリンク

内山信二は女性問題が原因で逮捕されていた!

内山信二,逮捕,余命,子役時代,糖尿病,女性問題

内山信二さんが、「女性問題が原因で逮捕されていた」という噂がされているようです。その原因とされる女性問題とは、内縁関係になった女性とのトラブルでした。

1999年から内山信二さんと、女性はマンションで同居していたと言います。婚姻届けを出さないながら、女性は住民票を移して、近所では妻のような顔をしていたそうです。

問題が起こったのは、9か月後くらい。内山信二さんの浮気がばれて、8年にもなる内縁関係が解消。女性はただ別れたのでは納得がいかなかったらしく、内縁関係を維持したいのに、その権利が踏みにじられたと、訴えたそうです。

しかも本当に訴訟を起こして、500万円の賠償を求めたと言います。この500万円と言うのには、内山信二さんが経営していた訪問介護サービスで働いていた女性が、1年4か月ほとんど無給だったのことで、その分の給与も含まれていたそうです。

後にテレビ番組で内山信二さんは無給だったことを否定しつつ、大事になるのを恐れて賠償金を払ったと言っていました。恐れたというよりは、前から女性とはなにかあるたびに、お金で解決していたところがあったようです。

たとえば、喧嘩になって内山信二さんが怪我をして「でていけ!」と怒鳴ったら、「お金がない」と言うので、50万円渡したとか。女性の引っ越し費用に、70万円払ったとか。女性も女性ですが、すぐに内山信二さんがお金をだすので、癖のようになっていたのかもしれませんね。

女性問題は問題でも、内山信二さんは訴訟されただけで、逮捕はされていません。なのに、何故、逮捕されたと言われているかというと、どうも10代でグレていたころ、警察に補導されたことがあるという話と、訴訟沙汰の話がごちゃ混ぜになったのではないかと思います。

内山信二さんは、女性関係ではルーズなところがありそうとはいえ、逮捕されるようなことを女性にしたわけではないようです。

スポンサーリンク

内山信二の父親は死去していた

内山信二,逮捕,余命,子役時代,糖尿病,女性問題

内山信二さんの父親は、「あっぱれさんま大先生!」にも時々出演して、個性的で面白いと、言われていました。

もともとは、魚屋を経営する普通の人だったのですが、内山信二さんが月収3000万円も稼いでくるとなると、父親も金銭感覚が狂いだしたのでしょう。あまり仕事をせずに、パチンコ屋に入り浸っていて、内山信二さんが迎えに行っていたという話もあります。

軽トラックで出かけて、帰ってきたらベンツに乗っていたなど、息子の稼ぎで度を越した贅沢をしていたエピソードが多くあるらしいですが、まだ若いはずなのに、もう亡くなられているとのことです。

理由ははっきりしていないとはいえ、やはり贅沢しつくしていた内山信二さんが、今では「余命は5年」と言われるほどの状態になっているのを考えると、同じように体に負担をかける生活をしていたからではないかと、思われます。また、内山信二さんの栄光からの転落ぶりに、父親も同じくらい精神的なダメージを受けて、影響されたのでしょう。

内山信二さんが普通の子供だったらと、考えても仕方なくても、考えたくなるほど、父親の死去は悲しくて考えさせるものがありますね。

スポンサーリンク

内山信二のまとめ

子役時代の栄光から転落、復活してからの事業失敗や訴訟、不摂生ぶりと、内山信二さんは、いい意味でも悪い意味でも飽きさせずに、話題を提供してくれています。

2017年に番組「名医の太鼓判!」で医師に「余命6年で寿命は42歳だ」と衝撃の診断をされた内山信二さんは、生活習慣をあらためたにも関わらず、翌年、同番組で「余命は5年」と言われて、寿命が縮まったようです。糖尿病とガンになる危険が高いそうです。

子役時代に稼ぎまくっていた内山信二さんは年収が3000万円を超えているのではないかと言われていました。が、本人曰く「月収」が3000万円だったそうです。破格の月収をもらっていたおかげで金銭感覚や後の人生が狂っていった一面もあるようです。

内山信二さんは、内縁関係にあった女性に別れる際、「無給で働かされていた」と500万円の賠償を求める訴訟を起こされました。この件で逮捕はされてはおらず、警察にお世話になったのは、グレていたころの話のようです。

まだ若いはずの内山信二さんの父親は、もう死去されたそうです。内山信二さんの栄光と転落に大きく影響されての死去だったのではないかと、言われています。

内山信二さんの話題には、あまり明るいものがないとはいえ、そろそろ子役時代の負のイメージを払拭してもらい、心から笑っている顔が見たいところです。

コメント