スポンサーリンク

ボビージュードの嫁がかわいい!日本人に対して怒り!

ボビージュードの嫁さんが天然でかわいい!

スポンサーリンク

ボビージュードには可愛くて天然な嫁さんがいた

ボビージュードの嫁

福岡でイケメンと注目されている外国人タレント、ボビージュードさん。注目度が上がるにつれ、女性ファンも増えていきそうですが、残念ながら、ボビージュードさんはすでに結婚をされているそうです。

馴れ初めや交際期間など、詳細は分かっていないものの、結婚式の模様はYOUTUBERとして写真を組み合わせた動画で紹介してくれています。結婚式は2011年3月20日、お相手は佐賀県唐津出身のユリさん、日本人女性で、動画に流れる写真を見ると、とても奇麗な方で和装がよく似合っています。

結婚式は日本の形式、神前式でやって、ボビージュードさんも袴を着ています。神前式を終えてから、移動して今度は洋風の披露宴をしたようです。

お嫁さんのユリさんは、ボビージュードさんに言わせると、かなりの天然なのだとか。たとえば、ユリさんがノンアルカクテルを作って「何が入っているの?」と聞いたら、「ノンアルの酎ハイと白ワイン」と言ったり。アルコール入っているじゃないと、ツッコむと「ノンアルで作ったカクテルだから」と返したそうです。

ボビージュードさんには、お子さんもいて、双子の女の子だと言います。Twitterによく画像が投稿されていて、あまり顔が似ていなので二卵性の双子かもしれません。

離婚したのでは?なんて不穏な噂が流れているそうですが、可愛らしい子供の画像を上げているのを見る限りは、ボビージュードさんの家庭に危機があるように思えないところです。

スポンサーリンク

外国人を見て「カッコいい!」「かわいい!」という日本人に対してボビージュードが怒り

YOUTUBERであるボビージュードさんは、動画で外国人ならではの視点で、日本人について色々と語っています。とくに興味深いのは、外国人を見てすぐに「カッコいい!」「かわいい!」と言いがちな日本人への指摘と注意。やたらと褒めればいいというものではなく、褒めることで、怒りを買うこともあるのだそうです。

ボビージュードさんが昔、バーテンダーをしていたときの話。40代のスペイン人男性がバーにきてカウンターに座ると、隣にいた20代の日本人女性が「かっこいい!」と褒めたそうです。

が、その少しあとに、スペイン人男性が怒りだしました。理由は「かっこいい」と女性が褒めたから、いけると思い「じゃ、今晩どう?」と聞いたら、断られたからだと言います。

スペイン人男性の考え方もどうかと思いますが、「かっこいい」と褒められれば、勘違いするのも無理がないとのことです。外国人に限らず、人間は褒められつづけると、その褒め言葉に値すると思ってしまいがちとのこと。で、日本人は外国人をやたら褒める傾向があるので、勘違いをさせやすいというわけです。

日本人は、なにかと外国人をすぐに褒めてしまいますが、かといって交際しようとは思わないのだとか。外国人のほうは、日本人のそういった心理が理解できないので、「どういうこと?」と戸惑ったり「話が違う!」と怒ってしまうことがあるようです。

褒めることで相手を怒らせることもあるのだと、日本人は理解をして、やたらと外国人を褒めることは控えたほうがいいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ボビージュードの職業ははYouTuber・モデル・料理研究家・DJ

ボビージュードさんが日本にきたのは、22歳のときだと言います。高校生のころから、禅仏教に惹かれて興味があったらしく、「JETプログラム(語学指導等を行う外国青年招致事業)」に合格して、来日を果たしたそうです。

はじめは1、2年だけ滞在するつもりが、佐賀県を訪れ、日本語や日本文化、日本料理にハマり、滞在期間は伸びていって、今やもう10年以上住み、日本人女性と結婚してお子さんも授かりました。

2009年からはYOUTUBERデビューをして、国際交流を目的に、海外に日本を紹介しつつ、地元のフロリダやアメリカの文化、これまで旅行してきた国のことを紹介しているそうです。

ネットの活動が注目されて、翌年にはテレビレポーターとしてデビュー。それからテレビ出演にはじまり、ラジオのDJ、イベントの出演、モデル、料理研究家として幅広く活躍をしています。

地元福岡のラジオ局LOVE FMではレギュラーで出演して、「世界に夢中なワケ」の情報をまとめた本も出したとのこと。事務所には所属していないものと思われます。

福岡でのタレント活動に留まらず、さらに2017年には全国放送の番組「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターとして出演をしました。温泉ソムリエの資格を持っているというので、徳島の秘境にある温泉で、見事な食レポを披露しつつ、入浴シーンも撮ったのだとか。

「世界ふしぎ発見!」では流暢な日本語を話し、日本人より日本人らしいと評判になったそうです。外国人タレントは今や多くいますが、ボビージュードさんは、活動の幅広さからいって、もっと活躍し、人気が出てくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

ボビージュードが日本語が上手い

アメリカのフロリダ出身ながら、ボビージュードさんはとても日本語が上手だと言います。福岡ではラジオやテレビ出演していたので、地元の人は知っていたのかもしれませんが、日本語が上手いと改めて評判になったのが、2017年に全国放送の番組「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターとして出演をしたときでした。

温泉ソムリエの資格を持っているとのことで、徳島の秘境の温泉でレポートをしたボビージュードさん。流暢に日本語を話すのはもちろん、佐賀弁も披露してくれ「かわいい!」と、これまた評判になったそうです。ただ、訛りが上手なだけに、何を言っているのか分からなかったのだとか。

とくに注目されたのが食レポ。料理の美味しさが伝わってくる、表現豊かな食レポをして、さらに、こうも言いました。「滋味深い味ですね」。この言葉を聞いて、店の人も番組のスタッフをぽかーんとしたそうです。

そこでボビージュードさんは、言葉の意味を説明しました。滋味とは「栄養があって味のいいこと」「栄養豊富で美味しい食べ物」「豊かで深い精神的な味わい」とのこと。

店の人も番組のスタッフも言葉の意味を知らなかったようで、外国人に日本人が、日本語について教えてもらうという、奇妙な感じになりました。視聴者でも「滋味深い」と聞いてぴんとくる人は少ないでしょう。

ボビージュードさんは食レポの経験は少ないかもしれませんが、日本語力は他の食レポをする人より、高いかもしれませんね。

タレント
スポンサーリンク
sufiabomuをフォローする
エンタメハック

コメント