スポンサーリンク

岡田紗佳のカップの大きさはFカップ!水着画像あり!プロ雀士!

岡田紗佳のカップの大きさはFカップのようです。

スポンサーリンク

岡田紗佳のカップの大きさは推定Fカップ!水着姿がかわいい!

20180929 00010004 abema 000 1 view removebg - 岡田紗佳のカップの大きさはFカップ!水着画像あり!プロ雀士!

身長の半分以上も長い足を持つ、スタイル抜群の岡田紗佳さんは、モデルとして女性に人気がありつつ、グラビアアイドルで水着姿になって見せる豊満な胸で、男性を魅了しているようです。

さらに日本プロ麻雀連盟に所属し女流プロ雀士になって「役満ボディ」とキャッチコピーをつけられたり、テレビ番組に出演した時に、テーブルに胸を乗せているのが話題になったりして、ますます注目されています。

そんな岡田紗佳さんのカップ数が気になりますが、公表はしていないそうです。推定ではEカップかFカップと言われていて、170センチの長身でそこまで胸の大きい女性は珍しいそうです。

Fカップというと小池栄子さんも同じくらいとはいえ、身長は167センチ。他に長身で胸が大きい有名人と言えば、叶姉妹は身長が同じくらいでも、Hカップもあるそうです。まあ、叶姉妹は破格なのですが・・・。

身長の半分以上も長い足を持ちながら、胸が大きくて、ファッションセンスがあれば水着姿にもなれるのなら、女性にも男性にも人気が出るのは納得ですね。

スポンサーリンク

岡田紗佳はただの麻雀好きではない!プロ雀士だった!

img cd9895238f565432875c4361b1a17179211954 removebg - 岡田紗佳のカップの大きさはFカップ!水着画像あり!プロ雀士!
モデルとグラビアアイドルで人気を集めつつ、2017年には日本プロ麻雀連盟に所属して、女流プロ雀士として活動しはじめたのだそうです。プロ雀士とは誰でもなれるものではなく、実技のテストを受けなければならず、岡田紗佳さんは、そのとき役満であがり最高得点を叩きだしてテストに見事受かったと言います。

麻雀は運もありつつ、知識や技術や経験がかなりいるそうです。すこし勉強しただけではなれないプロ雀士に、まだ若いながら岡田紗佳さんがなれたのは、中国で生活していたことが関係しているようです。

日本人のお父さんと中国人のお母さんの間に生まれた岡田紗佳さんは、生まれは日本でも、6歳から12歳まで中国の上海に過ごしたそうです。で、中国では麻雀が盛んに行われていて、一緒に住んでいた祖父母の影響もあって、幼いころから麻雀には馴染みがあったし、自分も麻雀をしていて経験を積んできたのだろうと言われています。

ただ、中国と日本では麻雀の細かいルールが違うというので、テストを受けるにあたっては、あらためて勉強をしたのでしょう。そうやって努力をしている姿や、モデルやグラビアアイドルの枠に収まらないで活動している姿が支持されて、さらに人気になっているようです。

スポンサーリンク

岡田紗佳は中国と日本のハーフ

e45e268c6eb2f916adffb8df1ddab4b8b7523a55 removebg - 岡田紗佳のカップの大きさはFカップ!水着画像あり!プロ雀士!

見た目では分かりにくいとはいえ、岡田紗佳さんは日本人のお父さんと、中国人のお母さんとの間に生まれたハーフなのだそうです。日本で生まれて、日本の国籍も持っているものの、6歳から6年間は中国の上海の祖父母の家で過ごしたので、中国語もぺらぺらだと言います。

本人も、自分から言いださない限り、ハーフだと気づかれないと言っていますが、それでも幼少のころは大変だったそうです。中国で生活しているときは、友達がいて遊ぶこともあったものの、授業で日本や戦争の話題になると、急に日本人として扱われ怒られることもあったようです。

日本に帰ってきたらきたで、中国人呼ばわりされて、嫌われたり差別的な言葉を言われたりしたと言います。青山学院の高等部に入ってからは、嫌がらせはなくなったとはいえ、そんな辛い経験を経たら、身を守るために警戒してハーフなのを隠そうとするところ、岡田紗佳さんは隠すことなく、これまでモデルやグラビアアイドルの活動を堂々としてきたそうです。

隠して活動していたら、そのうちバレて叩かれていたかもしれません。そう思うと、はじめから隠さないでいたのは賢明な判断だったのでしょうし、なによりその姿勢が格好良く思えますよね。

スポンサーリンク

岡田紗佳はすっぴんがブスな人に対して侮辱発言をして炎上?

8d8e2d86e82808570d2c4205cce9a700 - 岡田紗佳のカップの大きさはFカップ!水着画像あり!プロ雀士!

岡田紗佳さんはスタイルや胸の大きさだけでなく、すっぴんの顔も褒められていると言います。本人はすっぴんへの拘りが強く、食生活など気を付けているようで、周りの人もそんな岡田紗佳さんの、美しいすっぴんを保つケア方法に注目をしているそうです。

そうやって、すっぴんに自信がある岡田紗佳さんだけに、口を滑らせて、炎上してしまったことがあるようです。炎上するきっかけになったのが、テレビ番組「サンデージャポン」でのこと。番組では女性の顔写真に盛るのではなく、逆にメイクを除去する加工をしてすっぴんを晒すという、恐ろしいアプリが紹介をされました。

このアプリについてコメントを求められた岡田紗佳さんは「ブスでも一生懸命可愛くなろうとしている」「そんな子が可哀想」「すごく可愛いと思っても、ビフォーがブスだったりする」「怖いもの見たさですっぴんが見たいという気持ちはある」と言いました。

まず「ブス」とはっきりと言ってしまっていること、全体的に「すっぴんに自信がある自分には関係ない」「そうじゃない人はお気の毒様」と他人事のように、どこか見下しているように聞こえることに、怒った人が多くて炎上したようです。

すっぴんに自信があるのは良いですが、かといって自信がない人に哀れむ言葉を言ったり、態度を見せてしまうと、侮辱と受け取る人もいます。そもそも、すっぴんが晒されることを恐れる女性を「ブス」と言い切ってしまったのが、まずかったのかもしれません。

スポンサーリンク

岡田紗佳のまとめ

モデル、グラビアアイドル、女流プロ雀士と多才に活躍している岡田紗佳さんですが、男女共に人気が高いながら、幼いころは大変な目に合い、今でも炎上騒ぎになることがあるようです。

身長の半分以上も長い足を持つ、スタイル抜群の岡田紗佳さんは、モデルとして女性に人気がありつつ、グラビアアイドルで水着姿になって見せる豊満な胸で、男性を魅了しているようです。推定ではEカップかFカップと言われていて、170センチの長身でそこまで胸の大きい女性は珍しいそうです。

2017年に女流プロ雀士として活動しはじめたものの、プロ雀士とは誰でもなれるものではなく、実技のテストを受けなければならず、岡田紗佳さんは、そのとき役満であがり最高得点を叩きだしてテストに見事受かったと言います。6歳から12歳まで麻雀が盛んな中国の上海に過ごした影響もあるのだろうと言われています。

見た目からでは分かりにくいとはいえ、岡田紗佳さんは日本人のお父さんと、中国人のお母さんとの間に生まれたハーフで、6歳から6年間は中国の祖父母の家で過ごしたので、中国語もぺらぺらだと言います。日本でも中国でもハーフということで辛い目に合ったそうなものを、そのことを隠すことなく、これまでモデルやグラビアアイドルの活動をしてきたそうです。

すっぴんに自信がある岡田紗佳さんだけに、「サンデージャポン」で女性のすっぴんを晒すという、恐ろしいアプリが紹介をされたとき、口を滑らせてしまったようです。

「ブス」とはっきりと言ってしまい、全体的に「すっぴんに自信がある自分には関係ない」「そうじゃない人はお気の毒様」と他人事のように、どこか見下しているように聞こえたことに、怒った人が多くて炎上したと言います。

モデル、グラビアアイドル、女流プロ雀士を兼業しつつ、どこまで芸能界で活躍していけるのか、これからが楽しみですね。

コメント