スポンサーリンク

北斗晶が乳がんを告白!親友のテルが死亡!愛用のフライパンがステマ

北斗晶さんが過去に乳がんで苦しんでいましたね。親友のテルが死んでいたようです。

さらに北斗晶さんが猛プッシュしていた愛用のフライパンが景品表示法違反の疑いがかけられました。

猛プッシュしていた理由は結局ステマだったようです。

スポンサーリンク

北斗晶が乳がんで苦しんでいた

2015年に北斗晶さんはブログで乳がんだったことを告白し、右乳房の全摘出の手術を受けました。手術は成功をして、今では芸能活動に復帰するまでに元気になりましたが、乳がんと分かったときはかなりショックで、そのせいもあって辛い目にあったそうです。

がんが見つかったらただでさえショックなところ、北斗晶さんの場合は、「毎年検査を受けていたのに、なぜ・・・」という思いもありました。

乳がんは女性の12人に1人がかかるとされています。なので、毎年検診を受ける女性が多いのですが、北斗晶さんのように見つからないケースもあるとなれば、不安になってくるところです。だから、北斗晶さんの乳がんの告白は、そんな女性にとってもショックだったようです。

どうして検診を受けていたのに見つからなかったのか?専門家の医師が言うには理由は2つ考えられ、「毎年の検査で見つけることができなかった」「急速に成長する中間期乳がんだった」ことだそうです。

北斗晶さんのブログに書かれた治療の様子からすると、成長がゆっくりだったがんだと推測され、中間期がんの可能性は低いとのこと。

一方でがんが2センチの大きさになるのに10年かかるとはいえ、北斗晶さんのような1センチくらいのしこりなら、マンモグラフィーで見つけることは可能だと言います。

ただ、マンモグラフィーに写りにくく、見分けがつかない、がんの状態もありますし、画像を見る医師の経験や判断にも左右されるとのことです。

なので、医師選びはできたら、乳がん検診の意識を高める組織「日本乳がん検診精度管理中央機構」のホームぺージに乗っている認定医師のリストを参考にし、そのうえで、毎年同じところで受け、過去の画像と比較してもらうことが大切だと言います。

あと、検診をしてもらった後でも、気になったら受診をし、閉経前の人は、月経後の乳房が柔らかい時に触るとしこりが分かりやすいと言うので、セルフチェックをすることを勧めています。

スポンサーリンク

北斗晶の親友テルさんが急死

2018年3月ごろ、これまで欠かさず毎日ブログを更新していた北斗晶さんが、しばらくブログの更新を休止すると言ったことに、ファンは不安になって1万件もの声を寄せたそうです。まさか、がんの再発?と心配した人もいたらしいものの、どうやら親友のテルさんの急死が理由だったようです。

親友のテルさんと言うのは、北斗晶さんがタレント活動をはじめたころ、2007年くらいに海外ロケに行ったときに、知り合った女性なのだと言います。

アメリカでお店を経営する旦那さんと暮らしていたものの、出会ってすぐに北斗晶さんと意気投合して親しくなり、北斗晶さんに会いたいということでわざわざテルさんが日本に帰国することもあったのだとか。

それだけ親しいとあって、北斗晶さんのブログには一緒に写った写真が載っていますし、テルさんが日本にいないときでもブログで頻繁に話題になっていました。テルさんのほうも北斗晶さんを気にかけて、乳がんが発覚した時は、傍に寄り添い支えてくれたのだそうです。

テルさんが亡くなった原因は分かっていないとはいえ、まだ45歳の若さであり急死となると、心臓に関わる病気ではないかと言われています。もともと、突然死の6割以上は心臓病が原因とされていますし、45歳ころの女性は、女性ホルモンが減少することで、心臓発作や脳卒中になる可能性が高まると言います。

急死だったからしかたないとはいえ、乳がんの時は傍で支えてくれたのに、自分はテルさんになにもしてあげられなかったと、悲しみもありつつやるせなくて、北斗晶さんはブログを休止したのかもしれません。

スポンサーリンク

北斗晶の息子は海外に行っている?

北斗晶さんの息子で長男の健之助くんは、前にテレビ番組で見事な英語を披露をしていました。また、中学生のころは、カナダで寮にまで入って海外留学をしていたので、その縁で、カナダ式の教育をする埼玉県のコロンビアインターナショナルスクールに進学して、さらにカナダの大学に留学したのではないかと言われています。

というのも、2016年9月ごろに健之介くんと北斗晶さんが一緒に大学の下見に行った様子がブログで書かれ、公開された写真がどうも海外にいるものに見えたからです。

それに2017年4月のブログには「健之介をはじめ、海外に出る子もまだいてね。「健之介を皮切りに、夏に出発の子も秋に出発の子もいるので」と書かれていました。そのころには、健之助さんとカナダに同行して、新たな生活の準備を手伝ったとの噂もあります。

進学先の大学がどこなのか知らされていませんが、ブログを見る限りは海外留学をしている可能性は高そうです。お父さんの佐々木健介さんが若い時にカナダで修行していた縁があって、同じ国の大学に進学したのでは?と言われています。

が、他にも海外留学をした理由があるのかもしれません。母親思いで好感度の高い健之くん君ですが、高校のころにスミノフという、ウォッカの瓶を持っている写真をインスタで公開したことで炎上したことがあるようです。顔は写っていなく、写っていたのは手だけでしたが、未成年の飲酒疑惑も持たれたとのこと。

もちろん、そのインスタは消されていますが、誰か保存しているかもしれませんし、いつまた拡散をされて騒ぎになるかもしれません。そうやってターゲットにされないように、海外に留学した可能性もありそうです。

スポンサーリンク

北斗晶が猛プッシュしていたフライパンが景品表示法違反だった

2016年9月ごろ、北斗晶さんがブログやCMでおススメしていたフライパン「セラフィット」が、消費者庁から「景品表示法違反」の措置命令を下されました。

「セラフィット」は「金属で50万回擦ってもコーティングが剥がれない」という謳い文句で強く売りだしてきたものの、消費者庁のテストでは5000回ほど擦るだけで傷がつくことが、判明したそうです。

もともと北斗晶さんが愛用しているとのことで、CMに起用された流れでした。が、「ステルスマーケティング」といって企業が2ちゃんねるやSNSで、さくら的にアピールするステマとして、CM前から愛用している体で北斗晶さんがブログに書いていたのではないかと、「景品表示法違反」とされたことで、疑われました。

実験で証明されただけでなく、実際に商品の評判は良くなかったらしく、「焦げないなんて嘘ばっかり」「使い物にならない」「北斗さんのおすすめで買ったのにがっかり」という口コミがあります。値段が5点セットで1万9800円ともなれば、誇大広告とも言いたくなるでしょう。

北斗晶さんがどこまで関わっていたのかは分からないとはいえ、このことでイメージが悪くなり、「闘病でお金がかかるから加担したのでは?」と乳がんのことまで言われたそうです。

スポンサーリンク

北斗晶のまとめ

・乳がんが見つかったらただでさえショックなところ、北斗晶さんの場合は、「毎年検査を受けていたのに、なぜ・・・」という思いもありました。どうして検診を受けていたのに見つからなかったのか?専門家の医師が言うには理由は2つ考えられ、「毎年の検査で見つけることができなかった」「急速に成長する中間期乳がんだった」ことで、北斗晶さんの場合は1つ目のほうで、医師によっては見つけられないこともあるようです。

・2018年3月ごろ、これまで欠かさず毎日ブログを更新していた北斗晶さんが、しばらくブログの更新を休止すると言い、どうやら親友のテルさんの急死が理由だったようです。親友のテルさんと言うのは、2007年くらいに海外ロケに行ったときに、知り合った女性で、出会ってすぐに意気投合して親しくなり、北斗晶さんのブログで頻繁に話題になったり、乳がんが発覚した時は、傍に寄り添い支えてくれたのだそうです。

・中学生のころは、カナダで寮にまで入って海外留学をしていたので、その縁で、カナダ式の教育をする埼玉県のコロンビアインターナショナルスクールに進学して、さらにカナダの大学に留学したのではないかと言われています。お父さんの佐々木健介さんが若い時にカナダで修行していた縁があってか、インスタで未成年の飲酒疑惑も持たれたことの火消しのために留学したと考えられています。

・2016年9月ごろ、北斗晶さんがブログやCMでおススメしていたフライパン「セラフィット」が、消費者庁から「景品表示法違反」の措置命令を下されました。もともと北斗晶さんが愛用しているとのことで、CMに起用された流れだったものの、ステマとして、CM前から愛用している体で北斗晶さんがブログに書いていたのではないかと、「景品表示法違反」とされたことで、疑われました。

乳がんを乗り越え折角テレビ出演できるほど元気になった北斗晶さんなので、もう「セラフィット」のようなトラブルに巻き込まれずに、健やかに過ごしてほしいところですね。

タレント
スポンサーリンク
sufiabomuをフォローする
エンタメハック

コメント