スポンサーリンク

山口真由は東大卒の弁護士!ハーフぽくて整形疑惑が!妹が医師!

山口真由さんは東大を首席で卒業した弁護士でスーパーエリート!そんな山口真由さんはハーフっぽいのですが、ハーフではないので整形疑惑が浮上しています。

さらに妹も京都大学の医学部卒の医師で妹もスーパーエリート。

スポンサーリンク

山口真由は東大主席卒のエリート弁護士

情報番組のコメンテーターからバラエティ番組まで出演をしている山口真由さんはエリート弁護士であり、その経歴は輝かしいもののようです。まず中学生卒業後に、筑波大学高等学校に進学しています。中学卒業で親元から離れて、しかも北海道から上京したほど、レベルの高い学問を受けたい意志が強かったのでしょう。

高校卒業後は東京大学法学部に進学。進学できただけでもすごいですが、履修科目はすべて「優」、3年生には旧司法試験に合格をして、4年生では法学部の成績優秀者として総長賞をもらい、果てには、首席で卒業をしたとのことです。

これだけ東京大学を成績優秀に卒業をすれば、行きつく場所は、省の中でも花形と言われる財務省。ですが、2年後には退官をして、弁護士登録した後は、アソシエイト下弁護士としてしばらく仕事をしたものの、その2年後にはハーバード大学法科大学院で、ディーン・スカラー・プライズを受賞して、LL.M.の学位を取得するなど、一気に世界に羽ばたくような活動をしたそうです。

今は山口法律事務所に所属して弁護士活動を続けながら、テレビ番組に出演をしていますが、大学院に入って研究者になることを目指しているとも言います。他にも2017年からは、日米財団主催の日米リーダーシップ・プログラムの日本代表メンバーになったりと、日本で活動するタレント的弁護士に収まらない、大きな活躍もしているでよです。

スポンサーリンク

山口真由の7回読み勉強法とは?

大学3年生で司法試験に受かった山口真由さんは、1日19時間半も勉強をしたと言います。でも「いい勉強法ではない」と言い、「ただ、私は天才でないので、頑張るしかなかった」と言ったそうです。「天才」でないのに、難関と言われる司法試験に受かった、その秘訣があるのなら、知りたいところですね。

その秘訣が、山口真由さんの著書「東大首席弁護士が教える超速『7回読み』勉強法」に書いてあるのだとか。勉強する時間がないときに、考えだした勉強法だそうで、とにかく、テキストをざっと通して7回続けて読むというもの。

テキストを読んでいると、分からないところがあって、つい読むのを止めて、考え込んだり、他に調べてしまうところ、そんなことを気にしないで、一気に読んでしまうのがコツなのだとか。分からないところは、案外、先を読めば分かったりするし、何度も読むうちに、自然と理解できるのだと言います。

そうやって無駄なことを考えずに、「7回読み」という癖をつけたり習慣化するのは、子供のころから、していたのだそうです。たとえば、朝起きて、すぐに勉強するのは嫌なものですが、山口真由さんは「朝の光を見たら机を見る」という癖をつけて、だんだん慣れていくうちに、朝食の時間まで本を読むことができるようになったのだとか。

山口真由さんは「天才でない」と言っているとはいえ、癖にしよう、習慣化しようという発想をする子供なら、十分に頭がよかったと思えますね。

スポンサーリンク

山口真由はハーフではない!整形疑惑が!

目鼻立ちがはっきりとした山口真由さんはハーフのように見えます。でも、ハーフではないし、昔の写真と見比べると、かなり顔つきが変わっていて、整形疑惑を持たれているとのことです。

昔の証明写真を見ると、やはり目鼻立ちがはっきりしているとはいえ、可愛らしい日本人という感じです。比べて今の山口真由さんを見てみると、メイクが濃くなったのを差し引いても、団子鼻っぽかったのが、しゅっとなっているし、特徴の1つアヒル口になったり、笑った時には、やけに顔に皺ができています。年齢の割には、皺が目立つので、整形の影響ではないかと言われているようです。

整形しているにしろ、「整形がうまくいっていない」と言われたり、「叶姉妹みたい」「昔のほうがかわいい」なんて言われて、評判はよくないみたいですね。

スポンサーリンク

山口真由の妹は医師で妹もエリート

両親は医師ですが、弁護士になった山口真由さん。それだけ優秀なら医師にもなれただろうに、なぜ?と聞かれることがあるようで、理由は「解剖が苦手」「血を見れない」からだそうです。いくら頭が良くても、そこがネックなら、無理というものですよね。

代わりというか、山口真由さんの妹さんが医師になったという話です。妹さんは山口真由さんの一歳下で、ツーショット写真を見ると、見事な秀才美人姉妹です。そうやって顔は知れているとはいえ、一般人なので、詳しい情報は知られていません。

大学については、山口真由さんと同じ「東京大学」の最高レベルと言われる医学部という説もあれば、出身の「札幌医科大学」「北海道大学」、「京都大学」という噂があります。どれかははっきりしていなく、ただ、山口真由さんが中学卒業で上京したので、妹さんは親元に残った可能性があるかもしれませんね。

写真以外、情報が知られていないということは、本人の意志もあってでしょう。姉の山口真由さんの活躍をテレビで観ながら、医師としての仕事を真面目にしているのかもしれません。

スポンサーリンク

山口真由のまとめ

・中学卒業で親元から離れて、しかも北海道から上京したほど、レベルの高い学問を受けたい意志が強く、高校卒業後は東京大学法学部に進学。進学できただけでもすごいですが、履修科目はすべて「優」、3年生には旧司法試験に合格をして、4年生では法学部の成績優秀者として総長賞をもらい、果てには、首席で卒業をしたとのことです。

・「天才」でないのに、難関と言われる司法試験に受かった、その秘訣というのが、山口真由さんの著書「東大首席弁護士が教える超速『7回読み』勉強法」に書いてあり、とにかく、テキストをざっと通して7回続けて読むというものです。分からないところがあっても、気にしないで7回も読めば、自然と理解できるのだそうです。

・目鼻立ちがはっきりとした山口真由さんはハーフのように見えますが、ハーフではないし、昔の写真と見比べると、かなり顔つきが変わっていて、整形疑惑を持たれているとのことです。団子鼻っぽかったのが、しゅっとなっているし、特徴の1つアヒル口になったり、笑った時には、やけに顔に皺ができて、年齢の割には、皺が目立ちます。

・両親は医師ながら、山口真由さんのは弁護士になり、代わりというか、妹さんが医師になったという話です。妹さんは山口真由さんの一歳下で、ツーショット写真を見ると、見事な秀才美人姉妹で、ただ、一般人なので、詳しい情報は知られていなく、大学についても、「東京大学」出身の「札幌医科大学」「北海道大学」、「京都大学」といういくつもの噂があります。

高学歴で輝かしい経歴を持つエリート弁護士が、テレビに出演しつつ大学院にも行って、これからどうなるのか、見届けたいところですね。

タレント
スポンサーリンク
sufiabomuをフォローする
エンタメハック

コメント