スポンサーリンク

堂安律は日本人ではない?国籍は韓国だった説!移籍金が10億以上!

サッカー選手の堂安律さんが日本人ではなく国籍が韓国ではないかという噂が浮上しています。

さらに海外の移籍金が10億円以上!

彼女との2ショットの写真が流出したということについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

堂安律の経歴がすごすぎる

サッカーのプロとしても、今や日本代表としても欠かせない堂安律選手。中学から頭角を現した、そのすごい経歴を、プロと日本代表と分けて紹介をしましょう。

・プロのサッカー選手としての経歴

中学生でガンバ大阪と名古屋グランパスエイトからオファーを受け、ガンバ大阪ジュニアユースに入団。2012年にはジュニアユースで、史上初となる全国3冠を達成。

高校2年生でトップチームにも登録される。早速、ACLブリーラム戦でベンチ入りを果たし、FCソウル戦で公式戦デビュー。16歳344日でのデビューはクラブ史上2番目の記録。その2か月後には、鹿島アントラーズ戦でクラブ史上最年少リーグ戦デビューを果たす。トップチーム昇格が内定。

オランダリーグの名門、PSVアイントホーフェンからオファーがくるも、宇佐美貴史選手や長谷川健太監督に相談して、大阪ガンバ残留を決める。

史上最年少リーグ戦デビューを果たした3か月後、柏レイソル戦で後半途中から出場して、トップチームでシーズン初出場を飾る。アジア年間最優秀ユース選手賞を受賞。

2017年6月にオランダ1部のFCフローニンゲンに翌年6月末までの期限付きでの移籍が決定。結果的に、活躍が認められて、完全移籍することになり、オランダではサポーターが選ぶMVPに選出されるほどの人気を獲得する。

 

・日本代表としての経歴

2014年にU-16日本代表に選出。

2016年にはAFCU-19選手権のメンバーに選出されて、準々決勝のU-19タジキスタン戦では1得点1アシスト。5大会ぶりのFIFAU-20ワールドカップの出場権獲得に貢献して、決勝では0-0でPK戦になってからの優勝を果たす。AFCU-19選手権の大会MVPに選ばれる。

2017年にFIFA U-20ワールドカップのメンバーに選出。初戦の南アフリカ戦では逆転ゴール、イタリア戦では2得点をゴール。チームは優勝を逃したものの、その活躍ぶりに「日本のメッシ」と評される。

本格的にサッカー選手として活動しだしてから、2、3年で怒涛のような活躍ぶりです。これから、どこまで昇りつめていくのか、楽しみような、怖いような感じですね。

スポンサーリンク

堂安律の国籍はどこ?日本人?韓国人?

堂安律選手は、名前が韓国名だったり、顔つきもあっち系の人に見えることから、韓国人?と思われることもあるようです。またベトナム人ではないかとの噂もあり、国籍が気になるところ。

日本代表になるには、日本国籍を持っていること、他国での代表公式戦に出場していないこと、という条件があります。闘莉王さんなど、ブラジルでは国籍離脱を禁止しているという、特別な事情があれば例外は認められているとはいえ、よっぽどの時だけです。

なので、堂安律選手は韓国人だったとして、在日ではないのでしょうし、ハーフか帰化した可能性があります。お母さんが「美幸さん」というので、ハーフ説のほうがありえそうです。

一方で、ベトナム人説があるのは、ベトナムに「DOAN」という言葉があるからだと言います。ただ、ハーフだったとしても、顔つきにベトナム人らしい特徴はないので、ベトナム人説はどうかなと思うところ。

お母さんは「美幸さん」ですが、お父さんについては名前さえ分からないとのことです。3歳年上のお兄さんがいて「安藤優」さんと、やはり三文字の名前をしています。漢字三文字なのが、韓国っぽく思われるようで、お兄さんも三文字ということで、韓国人説があるのでしょう。

堂安律選手が純日本人なのかは、はっきりと分からないとはいえ、日本代表にいる以上は、日本国籍を持っていることは確かのようです。

スポンサーリンク

堂安律の移籍金は10億円以上!

オランダ1部のFCフローニンゲンで活躍してきた堂安律選手は、ヨーロッパで移籍市場が解禁するにあたって、ビッククラブからモテにモテまくっているそうです。

日本代表の試合での活躍を「日本のメッシ」と評され、クラブでも前のシーズンでは10ゴール、今シーズンでは全試合先発出場をしたという活躍ぶりともなれば、名だたるヨーロッパのクラブは放っておかないようです。

イングランド・プレミアリーグのニューカッスルが争奪戦に加わったり、王者になったマンチェスター・シティー、同じオランダのアヤックスやPSVも獲得に動いているとのことです。争奪戦が激しくなり、クラブが綱引きをしているうちに移籍金は跳ね上がり、2000万ユーロ、25億円以上に高騰をしていると言われています。

実際に夏にはロシア1部CSKAモスクワが移籍金800万ユーロ、10億円以上を提示。ですが、クラブが拒否したあたり強気のようで、1000万ユーロ、12、3億円くらいを最低ラインにしているのではないか、とのことです。

クラブとしても10億円くらいでは、堂安律選手を渡したくないようで、もっともっと価値があると思っているのでしょう。その見込みは当たって、最低ライン以上に、今は移籍金が高騰している状況のようです。

スポンサーリンク

堂安律は彼女との2ショットが流出した

堂安律選手はインスタやTwitterをやっているとはいえ、ほとんどサッカーに関しての内容ばかりだと言います。そんなネットでの発信で、一度だけプライベート写真を公開したことがあるそうです。しかも彼女との2ショット写真を、です。

受験に合格した後のような内容が書かれていて「あ(会)いたいなぁん」なんて、甘えるようなことも言っています。その内容にしろ、写真もラブラブとしたもので、お相手が彼女にしか見えなかったものの、堂安律選手は彼女と紹介をすることなく、すぐに消してしまったようです。

普段はサッカーのことしか書かないことや、急にプライベートの写真を出してきたこと、すぐに消したことから、裏垢にアップするはずが、間違えて表のアカウントで公開してしまったのではないかと言われています。なににしろ、堂安律選手は彼女とはっきりとは言わず、その後も認めることはありませんでした。

もし本当に彼女がいるのなら、オランダにいる堂安律選手と遠距離恋愛していて、大丈夫なのかな?と余計なお節介に、心配してしまうところですね。

スポンサーリンク

堂安律のまとめ

若くしてオランダのクラブで活躍しているだけでも堂安律選手はすごいですが、そこで活躍したことで、次の移籍に関して、もっとすごいことになっているようです。

サッカーのプロとしても、今や日本代表としても欠かせない堂安律選手。中学から頭角を現して、中学生でガンバ大阪ジュニアユースに入団してからは、全国3冠を達成したり、史上2番目の16歳344日での公式戦デビュー、でクラブ史上最年少リーグ戦デビューを果たし、日本代表で活躍すれば「日本のメッシ」と評され、現在はにオランダ1部のFCフローニンゲンに完全移籍して、サポーターが選ぶMVPに選出されるほどの人気を獲得しています。

堂安律選手は、名前が韓国名だったり、顔つきもあっち系の人に見えることから、韓国人?と思われることもあるようで、またベトナム人ではないかとの噂もあります。両親の素性が分からないので、純日本人なのかは、はっきりと分からないとはいえ、日本代表にいる以上は、日本国籍を持っていることは確かのようです。

オランダ1部のFCフローニンゲンで活躍してきた堂安律選手は、ヨーロッパで移籍市場が解禁するにあたって、ビッククラブからモテにモテまくっているそうです。争奪戦が激しくなり、クラブが綱引きをしているうちに移籍金は跳ね上がり、2000万ユーロ、25億円以上に高騰をしていると言われ、1000万ユーロ、12、3億円くらいを最低ラインにしているのではないか、とのことです。

ほとんどサッカーに関しての内容ばかりだというネットでの発信で、一彼女との2ショット写真を公開したことがあるようです。内容にしろ、写真もラブラブとしたもので、お相手が彼女にしか見えなかったものの、堂安律選手は彼女と紹介をすることなく、すぐに消してしまい、裏垢にアップするはずが、間違えて表のアカウントで公開してしまったのではないかと言われています。

「日本のメッシ」と評されただけあり、本家のメッシに劣らないほど、これからは世界的人気を得て莫大な移籍金や契約金を稼いでいくのかもしれませんね。

スポーツ選手
スポンサーリンク
sufiabomuをフォローする
エンタメハック

コメント