スポンサーリンク

高橋みゆきの旦那は一般男性!島田紳助の喜び組のうちの1人だった?

バレーボール選手の高橋みゆきさんの旦那は一般男性のようです。

さらに島田紳助さんと関係があって喜び組の1人だったのではないかと言われています。

スポンサーリンク

高橋みゆきは元バレーボール選手

今はたまに、タレントとしてテレビ番組で見かける高橋みゆさんですが、元バレーボール選手であり、日本代表になったこともあれば、海外のチームでプレイをしたこともあります。実力もさながら、明るく元気なキャラでチームを盛り上げていた印象が強いのではないでしょうか。

バレーボールを始めたのは小学1年生の時。父親が指導していたスポーツ少年団に入ったのがきっかけでした。高校卒業後はNECレッドロケッツに入団して、2年後の1999年には新人賞をもらい、チームもリーグ優勝したそうです。

2002年から2004年まで実業団チームの主将を務めた傍ら、2000年には全日本代表に初めて呼ばれて、翌年からは全日本の主要メンバーとして活躍しだし、銅メダルに輝いたり、サーブ賞をもらうなどの活躍を見せました。

が、2002年の世界選手権で主将を務めるも、成績は過去最低の順位になり、アジア大会では、中国韓国に敗れる始末。この結果の責任が主将の高橋みゆきさんにあると見て、日本バレーボール協会は「代表に選ぶな」と言ったものの、柳本晶一監督は日本代表に呼びました。

明るい性格でチームの潤滑油になったり盛り上げてくれることを期待したらしく、またポジション争いをさせて、意欲や技術を高めたそうです。その甲斐あって、2003年のワールドカップでは123得点をあげ、スパイク決定率が4位になったと言います。

チームのムードメーカーとして欠かせない存在になった高橋みゆきさんの不調で、アテネオリンピックが良い結果に終わらなかった一方、2005年のワールドカップでは副主将としてチームを引っ張り、決勝ラウンドでは得点王になりました。

VリーグでもMVPを受賞したり、チームが優勝したりと大活躍。チームからの海外派遣という形ながら、セリエAでもプレイをして、NECレッドロケッツに復帰したなら優勝をし、そして、北京オリンピックにも出場を果たしました。

2007年にNECレッドロケッツを退団して、エイベックスに所属し、タレント活動を開始。2011年にはトヨタ車体クインシーズへ入団して再復帰したものの、翌年には退団をして、そらから再々復帰をしてはないようです。

日本代表として目立つ存在でしたが、改めてバレーボール選手としての経歴を見ると、輝かしいものです。チームには欠かせなかったムードメーカーぶりを、これからは芸能界でも生かしてほしいところですね。

スポンサーリンク

高橋みゆきはなぜ「シン」というニックネームが付いている?

日本代表だった時に、ユニフォームに「shin」と書かれているのを見て、不思議に思った人は多いのではないでしょうか。名前のどこにも「しん」という字が入っていないのに、と。

ユニフォームの名前はニックネームでもいいらしく、高橋みゆきさんは、高校時代のチームメイトからつけられたものにしたようです。由来は武術などでよく言われる「心技体」の「心」なのだそうです。「心技体」の「技体」、技術と体力は備わっているので、あとは精神面を鍛えることが必要とのことで、名付けられたと言います。

「精神面を鍛えることが必要」と思われたということは、弱い部分があったのでしょうか。NECレッドロケッツにいたころは、練習に手を抜くことで「手抜きのシン」と皮肉っぽく言われていたようですし。そんな嫌な思い出がありながら、ユニフォームを「shin」としたのは、初心を忘れないためだったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

高橋みゆきの旦那は一般男性

2015年3月に放送された「解決ナイナイアンサー」で高橋みゆきさんは、5歳年上の彼氏がいると打ち明けました。それから1か月後くらいに、ブログで結婚報告。時期からして、テレビ番組で打ち明けた彼氏だと思われるものの、報告した時点では名前や顔、素性は知れていなかったそうです。

が、2016年に放送された「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!」には突然、夫婦で共演してみせ、名前と顔がお披露目されたようです。旦那さんの名前は倉本祐希さん。5歳年上とあって、落ち着いた雰囲気の男性で、身長は高橋みゆきさんより低いようですね。

一般男性ということで、素姓はよく分からないものの、とにかく夫婦で仲がいいらしく、インスタで仲睦まじい写真を多く公開しています。ただ、高橋みゆきさんの酒癖の悪さには困っているようで、お酒を控えるように旦那さんは注意しているとのことです。酔うと、スキンヘッドを嗅いだり舐めたするりというのだから、そりゃあ夫としてはとくに注意したくもなりますよね。

スポンサーリンク

高橋みゆきは島田紳助の喜び組のうちの1人だった

結婚して出産もし、幸せそうな高橋みゆきさんですが、過去には島田紳助さんの喜び組の1人ではないかと、疑われたことがあるようです。「喜び組」とは島田紳助さんの愛人のことで、一番噂になった小林麻耶さんをはじめ、ほしのあきさんやヨンアさんなど、7人もいたとされています。

どうして、高橋みゆきさんがその1人と疑われたかというと、それら愛人とされる女性芸能人が、島田紳助さんのおかげで、テレビ出演できたり、売れたりできたと言われていたからです。NECレッドロケッツを退団して間もなく、芸能界で活躍していた高橋みゆきさんもまた、島田紳助さんの愛人として優遇されたのではないかと、勘ぐられたわけですね。

実際に、島田紳助さんが芸能界から去って、喜び組と言われる人も、消えてしまいました。高橋みゆきさんもそうですが、ただ、月1ほどテレビ出演をしつづけて、芸能界だけでなくスポーツ関連のイベントに参加するなどの他の仕事もしています。もし高橋みゆきさんが喜び組の1人だったとしても、完全に干されたわけではないですし、結婚出産もしたのだから、悪い影響を残さなかったようです。

スポンサーリンク

高橋みゆきのまとめ

かつてはバレーボールの日本代表でばりばりに活躍していた高橋みゆきさんですが、今ではすっかり痩せて、結婚をし出産までしたようです。

今はたまに、タレントとしてテレビ番組で見かける高橋みゆさんですが、元バレーボール選手であり、日本代表になったこともあれば、海外のチームでプレイをしたこともあります。実力もさながら、明るく元気なキャラでチームを盛り上げていた印象が強くあるように、日本代表でもムードメーカーとして欠かせない存在だったようです。

ユニフォームが「shin」だった由来は、武術などでよく言われる「心技体」の「心」なのだそうです。「心技体」の「技体」、技術と体力は備わっているので、あとは精神面を鍛えることが必要とのことで、高校時代のチームメイトに、そのニックネームで呼ばれていたとのことです。

ブログで結婚報告しつつも、旦那さんの名前や顔、素性を公表していなかったものの、「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!」には突然、夫婦で共演してみせました。旦那さんの名前は倉本祐希さんといって、5歳年上とあり、落ち着いた雰囲気の男性で、身長は高橋みゆきさんより低いようです。

結婚して出産もし、幸せそうな高橋みゆきさんですが、過去には島田紳助さんの喜び組の1人ではないかと、疑われたことがあるようです。他の喜び組の女性芸能人と同じように、NECレッドロケッツを退団して間もなく、芸能界で活躍していた高橋みゆきさんもまた、島田紳助さんの愛人として優遇されたのではないかと、勘ぐられたようです。

痩せたことや、結婚出産で注目されている高橋みゆきさんですが、輝かしい経歴の元バレーボール選手として、後進の指導や育成にも務めてほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました