スポンサーリンク

千原せいじの刺青がやばい!在韓で韓国人の疑惑が!息子がかわいすぎ

千原せいじの刺青がヤバくてマジでヤ●ザだと話題になっています。さらに在韓(在日韓国人)という証拠がいくつも浮上しています。

嫁さんがいて息子がとてもかわいいと話題になっています!

スポンサーリンク

千原せいじの刺青はガセ!タトゥーはペイントだった

千原せいじさんの刺青の画像が話題になっているそうです。このごろは、お洒落で刺青というか、ちょっとしたタトゥーを入れる人もいるので、千原せいじさんもそうなのかな?と思うところ、実際に画像を見ると驚きます。

首の付け根からお尻の半分くらいまで、腕も手首の前まで、鬼のようなデザインの刺青が入っていて、あっち系の人かと見紛うほど本格的過ぎるからです。

が、その刺青の画像が出てから、テレビ出演した画像を見てみると、刺青がまったくありません。刺青は中々消せないというし、あれだけ広い面積のものなら尚更だと思うのですが。

どこからどう見ても本物にしか見えなかった刺青は、実はタトゥーペイントというものだったとのことです。アルコールを含んだ塗料で刺青に見えるようにボディペイントをしていたというわけですね。

あれだけ本格的なタトゥーペイントをしたのは、2012年のスペシャルドラマ「塀の中の中学生」に出演をしたからでした。エリートの家庭に生まれたものの、挫折によってテキ屋になったという、あっち系の人物を演じたことで、がっつり刺青に見えるようなペイントをされたわけです。ペイントをするには4人がかりで4、5時間かかったのだとか。

千原せいじさんの刺青はガセだったわけですが、あまりにもペイントの出来が良かったので、周りに誤解をされて、「芸能人なのに」「子供や奥さんがいるのに」と批判されたこともあったようです。今も画像が残っているので、勘違いをされることがあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

千原せいじの顔が明らかに在韓だとネット上で言われる

千原せいじさんも、弟の千原ジュニアさんも、一度見たら忘れられないような顔つきをしていますよね。目が細くて顔も細長く、あまり日本人にいないタイプに見えるからか、在日韓国人、在韓ではないかと、ネット上でよく言われているそうです。

根拠としては顔つきだけではなく、「千原」という苗字にもあるのだとか。「千」は韓国では「チョン」と読み、苗字として使われているそうです。

在韓の中には本名でなく、通名(日本人らしい名前)を使っている人もいるので、韓国人としての苗字をいれた通名ではないか?と思われているわけです。

が、「千原」という苗字は、日本にも昔からある名前で、ルーツは岡山県、京都府、兵庫県にあると言われ、千原兄弟は京都府出身なので、ルーツに沿った家系とも言えそうです。

それに、千原兄弟の親戚や身内は日本で生活をしているようですし、そうなると、ハーフではなあっても、在韓の可能性は低そうです。

日本人でも濃い顔つきの人もいれば、真逆の顔つきの人もいるので、顔だけでは判断が難しいでしょう。韓国で使われている苗字「千」にしろ、日本人で多くの人の苗字に使われていますしね。

スポンサーリンク

千原せいじには嫁と息子がいる

千原せいじさんが結婚をしたのは2002年のこと。お相手は千原兄弟の「ファンと行く沖縄ツアー」に参加していたほどの追っかけのファンだったようです。

交際しはじめてから、千原兄弟は東京に進出することになり、彼女とは遠距離恋愛に。そのときに電話で千原せいじさんが「東京にくるか?」と言ったところ「結婚じゃないならいや」と彼女が答えたので「じゃあ結婚でええわ」となったそうです。

ただ、それから同棲生活が長く、すぐに結婚したわけではないようです。晴れて結婚したらしたで、千原せいじさんは適応障害になって、激やせしたとのこと。適応障害とは、結婚などで環境が変化することで、些細なことが辛く我慢できなくなるほど、神経過敏になることだそうです。

結婚してから、そんなことがありつつ、翌年には1人目の男の子「夕(ゆう)君」が生まれました。千原せいじさんは、子供のころ友人が「たかひろ」なら「ひろ」と2文字で呼ばれていたのが羨ましかったらしく、それで、お子さんははじめから、2文字で呼べる名前にしたようです。ただ、夕君は「ちっはー」と呼ばれているそうですが。

夕君は千原せいじさんと顔が似ているだけでなく、すでに芸人顔負けに口が立つと言います。テレビ番組では「千原夕のしょうゆ旅」というコーナーを持っていて、お父さんとのかけあいが軽快で面白いと評判なのだとか。

叔父である千原ジュニアさんに言わせると、「ぎゅっと(凝縮した)、せいじ」とのことです。これは、将来が楽しみやら怖いやらですね。

スポンサーリンク

千原せいじの破天荒な伝説がたくさん

千原せいじさんと言えば、テレビ番組で世界中を飛び回って、数々の破天荒な伝説を作り上げている人ですよね。他にも千原ジュニアさんをはじめ、色んな芸人さんが、その伝説ぶりを語っていて、話題が尽きることがありません。

ただ、豪快だったり、がさつなイメージがありつつも、子供のころは結構怖がりで、しかも見た目が可愛かったと言います。千原ジュニアさんに言うには、可愛すぎて誘拐されかけたことがあり、暗所恐怖症だから、2階に行くときは千原ジュニアさんに手を引いてもらっていたそうです。

小学校にあがると、今の千原せいじさんらしい一面が見られるようになり、千原ジュニアさんのクラスメイトが椅子を持って「お前ら、包丁で刺し殺したろか!」と暴れていたのを「それやったら、椅子いらんやんけ!」とツッコんで、周りを大爆笑させたと言います。

そういったお笑いのセンスもさながら、破格なほどの社交的な性格をしていることでも有名です。ライセンスの藤原一裕さんが言うには、エレベーターに無印良品の店員が乗ってきたところ、「なんや、棚卸か!?」と千原せいじさんが急に声をかけ、それから親しげに話していたそうです。

その社交的な性格を活かして、アフリカにいっても関西弁を使いつづけて、がんがんに話していたら、現地の住人と打ち明けることができたどころか、神輿のように担がれたと言います。

一方で、見た目なのか霊的な何かを感じさせられるか、悪魔祓いをされたり、獲物と間違えて網にかけられたりしていますが・・・・。

社交的な性格は動物にも通じるのか、ロケのときに、野生のゴリラが千せいじ二さんに、自分の子供を見せにきたこともあったそうです。ただでさえ、破天荒な伝説のエピソードが尽きないのに、これからも千原せいじさんはエピソードを量産していきそうですね。

スポンサーリンク

千原せいじのまとめ

・首の付け根からお尻の半分くらいまで、腕も手首の前まで、鬼のようなデザインの刺青が入っていて、あっち系の人かと見紛うほど本格的過ぎる刺青をいれた千原せいじさんの画像があります。が、実はタトゥーペイントというもので、2012年のスペシャルドラマ「塀の中の中学生」に出演をしたときに役柄に合わせて、刺青に見えるよう手の込んだペイントが施されたようです。

・千原せいじさんも、弟の千原ジュニアさんも、目が細くて顔も細長く、あまり日本人にいないタイプに見えるからか、在日韓国人、在韓ではないかと、ネット上でよく言われているそうです。「千原」の「千」は韓国では「チョン」と読み、苗字として使われているそうで、韓国人としての苗字をいれた通名ではないか?と思われています。

・彼女とは遠距離恋愛だったものの、そのときに電話で千原せいじさんが「東京にくるか?」と言ったところ「結婚じゃないならいや」と彼女が答えたので「じゃあ結婚でええわ」となったそうです。お子さんの夕君は千原せいじさんと顔が似ているだけでなく、すでに芸人顔負けに口が立ち、テレビ番組では「千原夕のしょうゆ旅」というコーナーを持っていて、お父さんとのかけあいが軽快で面白いと評判なのだとか。

・千原せいじさんと言えば、テレビ番組で世界中を飛び回って、数々の破天荒な伝説を作り上げてm他にも千原ジュニアさんをはじめ、色んな芸人さんが、その伝説ぶりを語っています。子供のころは結構怖がりで、しかも見た目が可愛かったものの、小学校にあがると、今の千原せいじさんらしい一面が見られるようになり、破格なほどの社交的な性格で、アフリカの現地の住人と打ち明けて、野生のゴリラを子供を見せられるなど、エピソードは尽きません。

これから、どんな破天荒な伝説を作り上げていくのか、息子の夕君との関係性がどうなっていくのか、見守っていくのが楽しみですね。

コメント