スポンサーリンク

ぱるること島崎遥香は現在の仕事がない!水着姿を披露して話題に!

ぱるるの愛称で呼ばれている島崎遥香さんの現在の仕事がなくて悲惨という噂が浮上しています。

さらにAKB時代には一切肌の露出がなかったのに映画『ニセコイ』での水着姿にファンの人は釘付けになったそうです。

スポンサーリンク

島崎遥香は塩対応で有名なアイドル

2016年のAKB48選抜総選挙では8位になった島崎遥香さんは、感動的なスピーチをして、司会者の徳光和夫さんにも「素敵な孫娘を持ったような気持ち」と言われました。が、ふだんは塩対応で、性格が悪いと言われていて、あの温厚な徳光和夫さんを怒らせたこともあるようです。

前の選抜総選挙では徳光和夫さんが何か聞いても、無視することがあったと言います。こういった態度に対して「司会者はゲストに気持ちよく帰ってもらうのが仕事」としつつ、島崎遥香さんには「気持ちよく帰ってもらおうとは思えない」「どうしても駄目」と言っていました。最終的には徳光和夫さんのほうから謝ったらしいので、半ばネタだったのかもしれませんが。

徳光和夫さんにさえ塩対応なので、スタッフや共演者に挨拶したり頭を下げることがないのだそうです。和田アキ子さんやビートたけしさんを怒らせたとの噂もあります。

ファンの反感を買うこともたびたびしているとのこと。たとえば、持病のぜんそくの治療をするために活動休止を発表し、握手サイン会を欠席したはずが、海外の映画祭には出席していて「楽しすぎて帰りたくない」と言ったり。

バラエティ番組で「仕事で嫌なものを見たら、イケメンで癒される」と「嫌なものがファン」と受け取られるような発言をしたり。歌番組でも、自分に話がふられないと眠そうな顔をして、歌を披露するときは、他のメンバーにちょっかいをだしたり、ふざけている姿が見られるそうです。

それでも、選抜総選挙では8位になりました。こういった塩対応をする一方で、ファンを庇うために怒ることもあって、そのギャップや飴と鞭をくれることに痺れるファンもいるとのことです。なんだかんだ徳光和夫さんも、そんな1人なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

島崎遥香の現在の仕事はほとんどない?

AKB48を卒業してから、島崎遥香さんをあまりテレビで見かけなくなったことから、現在の仕事がほとんどない?と思われているようです。が、実際は2017年10月にはドラマ「今からあなたを脅迫します」2018年1月にはドラマ「リピート 運命を変える10か月」2018年4月には舞台「漫画みたいにいかない」と、途切れることなく女優として活動をしています。

じゃあ、現在の仕事がほとんどない?と思われるほど、活躍が目立たないのか。舞台は分からないものの、ドラマの視聴率が良くなかったからのようです。島崎遥香さんのせいとは限りませんが、NHKの朝ドラ「ひよっこ」に出演したときに、登場して視聴率が下がるなんてことがあったので、悪いイメージがついてしまったとのこと。

それでも映画「ニセコイ」に続き、「翔んで埼玉」に出演して、まったく仕事がないわけではないようです。かといって女優業で忙しいとも言えず、誕生日に「誕生祭」を開き、イベントグッズ販売をするとかで、積極的にブログやインスタで告知をしていると言います。AKB48のときは、ファンに塩対応だったのに、仕事がなくてファンにすがっていると思われているようです。

現実には、仕事があるとはいえ、卒業して華々しく女優業で活躍しているとは言えなさそうです。

スポンサーリンク

島崎遥香は激やせして可愛くない

「世界で最も美しい顔100人」のランキングで50位にもなったことがある島崎遥香さんですが、「激やせして可愛くない」と言わているようです。それも、最近のことではなく、2016年頃から言われだしたとのこと。

そのころの映像や画像を見ると、頬がこけて顔色が悪くも見えます。顔はやつれているようで、足なども枝のように細いです。持病がぜんそくとのことで、そのせいで痩せることがあるらしいものの、元気がなさそうに見えたことから、ストレスなど精神的なことで痩せたのではないかと見られています。

「世界で最も美しい顔100人」のランキングで50位になったのは痩せる前で、もてはやされた時期があっただけに、激やせして印象が変わったことから「可愛くない」と思われるのでしょう。角度によっては、たしかに「可愛くない」と思えるとはいえ、可愛く見える画像もあります。ただ、腕の細さやこけた頬などに目がいって、どうしても心配になるところです。

激やせした島崎遥香さんの体重は43キロくらいで、もしかしたら40キロもないのでは、と言われています。157センチなら54キロくらいが標準体重なので、やはり健康が心配になる数値ですね。

スポンサーリンク

島崎遥香が映画『ニセコイ』での水着姿が話題に

漫画を実写化した映画「ニセコイ」で島崎遥香さんは、相当熱意を持って撮影に挑んだようです。島崎遥香さんが演じるのは、万里花といって「ですわ」と語尾につけるほどのお嬢様。ただ、怒ったときには、博多弁でまくしたてるなど、癖の強いキャラです。そんなキャラを完璧に演じるために、原作の漫画やアニメまですべて目を通して、髪をオレンジ色に染めるなど、ビジュアルも見事に再現してみせたとのことです。

島崎遥香さんがキャラになりきろうとしている姿勢は評価され、とくに意気込みが感じられ、話題になったのが水着姿。なんでも島崎遥香さんは、AKB48時代には、水着姿にならなかったそうです。メンバー全員が水着になっても、頑なに着ようとしなかったと言います。

肌を見せられない事情があるものと思い、ファンは諦めていたものの、卒業後に映画で拝むことができて、歓喜したようです。ファン以外も、あれほど拒否していた水着姿になってまで演技に徹している姿を評価したそうです。

AKB48を卒業してからは、水着姿になったことの他に、ファンへの姿勢も変わってきたとのこと。バスツアーをしたときは、あれほど塩対応していたファンとデュエットしたり、部屋に生電話をしたりと、サービス精神旺盛だったそうです。

塩対応を含めて好きだったファンでも、卒業してから水着姿になったりと、いい意味で変わっていく島崎遥香さんを見られるのは、幸せなことかもしれませんね。

スポンサーリンク

島崎遥香のまとめ

AKB48時代にはファンに塩対応だったり、性格が悪いと言われて注目されていた島崎遥香さんですが、卒業してからは、あまりそういった話題が聞こえてこなくなったようです。

ふだんは塩対応で、性格が悪いと言われていて、あの温厚な徳光和夫さんを怒らせたこともあるようです。スタッフや共演者に挨拶したり頭を下げることがないそうで、ファンの反感を買うこともたびたびし、それでも、ファンを庇うために怒ることもあって、そのギャップや飴と鞭をくれることに痺れるファンもいるとのことです。

AKB48を卒業してから、島崎遥香さんをあまりテレビで見かけなくなったことから、現在の仕事がほとんどない?と思われているようです。実際にはドラマ舞台に出演し、映画「ニセコイ」に続き、「翔んで埼玉」にも出演して、まったく仕事がないわけではないようなものの、卒業して華々しく女優業で活躍しているとも言えなさそうです。

「世界で最も美しい顔100人」のランキングで50位にもなったことがある島崎遥香さんですが、「激やせして可愛くない」と言わているようです。頬がこけて顔色が悪くも見え、顔はやつれているようで、足なども枝のように細く、元気がなさそうに見えたことから、ストレスなど精神的なことで痩せたのではないかと見られています。

AKB48時代には水着姿にならず、肌を見せられない事情があるものと思い、ファンは諦めていたものの、卒業後に映画「ニセコイ」で拝むことができて、歓喜したようです。ファン以外も、あれほど拒否していた水着姿になってまで演技に徹している姿を評価したそうです。

塩対応で注目されていた島崎遥香さんが、塩対応以外でこれからどうやって話題作りをして存在感を示していくのか、見守りたいところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました