スポンサーリンク

黒羽麻璃央と入山杏奈が交際して炎上!背中が綺麗だと評判!

黒羽麻璃央さんは背中が綺麗だと評判ですが、

入山杏奈と舞台共演した時にあまりにも仲が良すぎて付き合っているのでは?とちょっと炎上してしまったのです。

スポンサーリンク

黒羽麻璃央は背中がキレイと話題に

黒羽麻璃央,背中,入山杏奈,炎上,高校,三日月宗近

漫画アニメを舞台化したミュージカルなどで活躍して、キャラの再現率が高いとされ、2.5次元俳優とも呼ばれている黒羽麻璃央さん。漫画アニメのキャラを演じても違和感がないほどのイケメンで、中性的でかわいいとも言われているようです。

中性的、かわいいとあって、「背中がキレイ」と女性を褒めるような賛辞まで贈られているようです。「背中がキレイ」と話題になったのは、ゴールデンボンバーこと金爆のメンバー、歌広場淳さんがきっかけだったと言います。

実は歌広場淳さんは、もともと美青年好きで有名で、芸能界で美青年を探すのに余念がなく、常にチェックしているのだそうです。そんな美青年ウォッチャーの歌広場淳さんのお眼鏡にかなったのが、黒羽麻璃央さんでした。

歌広場淳さんは、今、一押しの美青年として、黒羽麻璃央さんのことをテレビ番組「めざましテレビ」で紹介。黒羽麻璃央さんのどこが、気に入ったかというと「背中がキレイなところ」と語ったのだそうです。

いくら、中性的でかわいいといっても、同性から「背中がキレイ」と褒められるなんて、そんじゃそこらの、キレイさではないですよね。これからは、黒羽麻璃央さんは女性だけでなく、男性も魅了する活躍をしていくのかもしれません。

スポンサーリンク

黒羽麻璃央が入山杏奈との熱愛疑惑で炎上

黒羽麻璃央,背中,入山杏奈,炎上,高校,三日月宗近

黒羽麻璃央さんは、入山杏奈さんとの交際疑惑が浮上して、一時期、炎上していたそうです。2人とも、交際宣言をしていませんし、惚気たりしたわけではないのですが、入山杏奈さんはAKB48のメンバーで、「恋愛禁止」の状態にあったのが、問題だったようです。

交際疑惑が浮上しはじめたのは、写真が原因でした。2人がぴったりと、くっついている様子を見て、「やけに親しげ」と怪しく思われたようです。が、その写真は2人きりではなく、舞台仲間を含めた4人で写っていたので、そんなに勘ぐられることはありませんでした。

ただ、その後も、舞台仲間と撮った写真ながら、2人が隣にいるのが目立ち、「やはり怪しい」と言われだしました。さらに、同じ帽子を被っていたのも、疑惑を深めたようです。別々にネットで公開された画像で被っていたので、偶然の可能性もあるとはいえ、舞台仲間との写真疑惑も合わさって、注目されたようですね。

他にも、入山杏奈さんのツイートに、黒羽麻璃央さんが「いいね!」をしたり、「まりお」「あんな」と名前で呼び合ったり、熱愛ぶりが見え隠れしているように思われたらしく、一時期は炎上をしたり、抗議文が送られてきたとのことです。

そのあとは、だんだんと、2人の交流が目立たなくなり、炎上もおさまっていきました。はじめから、デマだったか、別れたのではないかと、言われましたが、入山杏奈さんの、AKB48の活動も目立たくなり、2017年には総選挙に参加しない宣言したこともあり、黒羽麻璃央さんとの関係を真剣に考えてのことではないかとも、思われたようです。

とはいえ、入山杏奈さんは、メキシコへ留学。黒羽麻璃央さんとの熱愛炎上が関係あるのかは、分からないとはいえ、頭を冷やしているところなのかもしれません。

スポンサーリンク

黒羽麻璃央の出身高校はどこ?高校時代からモテモテだった

黒羽麻璃央,背中,入山杏奈,炎上,高校,三日月宗近

黒羽麻璃央さんは、地元の仙台にある私立校、仙台城南高等学校に通っていたのだそうです。仙台城南高等学校は、東北工業大の系列とあって、工業校のようです。

これまでに、名称が変わっていて、前には「東北電子工業高等学校」「東北工業大学電子工業高等学校」「東北工業大学高等学校」と呼ばれ、黒羽麻璃央さんが在学中は、3番目の名称で呼ばれていたそうです。地元では、未だに旧称の「電子高」「工大電子」「高大高」と親しまれ、工業系の色合いが強そうながら、普通科や、特進化があって、進学校でもあると言います。

工業系なので、男子が多かったと思いますが、それでも、やはり黒羽麻璃央さんはモテていたそうです。黒羽麻璃央さんのいる教室に、用もなく女子が集まってきていたと言っています。本人は「名前が変わっているから、気になったのだろう」と言っているものの、そんなことはないでしょう。

それだけ、モテていた黒羽麻璃央さんなので、地元で芸能活動をしていた友人が、「麻璃央もいけるでしょ」と言ってくれたようです。その言葉をきっかけに、黒羽麻璃央さんはジュノン・スーパーボーイコンテストに出場して、グランプリを逃しつつも、今の活躍に至っているとのことです。

地元で芸能活動していた友人の一言がなければ、今の黒羽麻璃央さんはいなかったかもしれませんね。その友人も上京して読者モデルとして、頑張っているそうです。

スポンサーリンク

黒羽麻璃央が三日月宗近役で始球式をやり話題に!

黒羽麻璃央,背中,入山杏奈,炎上,高校,三日月宗近

2018年の9月に、読売ジャイアンツ対東京ヤクルトスワローズの試合が行われる東京ドームに、黒羽麻璃央さんが登場しました。黒羽麻璃央さん扮する三日月宗近をはじめ、ミュージカル「刀剣乱舞」のキャラ、刀剣男士は、マスコットのジャビットが見守る中、球場を駆け回り、歌い踊って、観衆を湧かせたとのことです。

試合前のパフォーマンスだけかと思いきや、国歌斉唱が終わってから、刀剣男士が再登場。野球経験のある黒羽麻璃央さんが、始球式を務めることになりました。野球経験があるといっても、着物の衣装では投げにくく、本領発揮ができなさそうなところ、黒羽麻璃央さんは、利き腕をぐるぐると回して、着物の裾を腕に巻き付けました。

それから、改めて、振りかぶって投球。球は見事に、ノーバウンドで、巨人の捕手のミットに収まったとのことです。動きにくい衣装で、投げきった姿に、球場は歓声に包まれ、それに両手を上げて応えてから、一礼した黒羽麻璃央さんは、捕手の人とがっちり握手をしたそうです。

パフォーマンスでは、刀剣男士が肩車をするなど、やんちゃなところも見せつつ、舞台衣装のまま、始球式をやり遂げ、礼儀も忘れずに、ちゃんと締めた黒羽麻璃央さん。はじめは、眉をひそめたかもしれない野球ファンも、納得するパフォーマンスだったようです。

スポンサーリンク

黒羽麻璃央のまとめ

まだまだ2.5次元俳優のイメージが強い黒羽麻璃央さんですが、2.5次元の舞台を知らない人にも、徐々に名前と顔は浸透していっているようです。

黒羽麻璃央さんは中性的でかわいいこともあり「背中がキレイ」と言われて、話題になりました。話題のきっかけになったのは、美青年ウォッチャーの歌広場淳さんが紹介したことのようです。

黒羽麻璃央さんは入山杏奈さんと、舞台仲間との写真で、常に隣にいるのが目立ったことから、熱愛疑惑が浮上し、相手が「恋愛禁止の」AKB48とあって、炎上しました。熱愛が本当だったかは、分からないとはいえ、入山杏奈さんはメキシコ留学して、距離をとっているようです。

黒羽麻璃央さんが通っていたのは、旧称の東北工業大学高等学校でした。教室に女子が集まるほどモテていて、高校時代の友人の一言がきっかけで、芸能界入りをしたそうです。

刀剣男士を引き連れて、黒羽麻璃央さん紛する三日月宗近が東京ドームで始球式を務めました。パフォーマンスも始球式も、しっかりこなして、野球ファンも楽しませたようです。

これまでの、2.5次元俳優出身でスターになった先輩たちと、黒羽麻璃央さんが肩を並べることができるのか。注目していきたいところですね。

コメント