スポンサーリンク

ゆたぼんの親が元暴走族・中卒心理カウンセラー!不登校推奨で炎上!

不登校ユーチューバーゆたぼんが不登校推奨で炎上!

父親は元暴走族で中卒の心理カウンセラーだったのです!

スポンサーリンク

ゆたぼんの親・中村幸也が中卒元暴走族

ゆたぼんの父親、中村幸也さんは元暴走族でありながら、今は心理カウンセラー、禁煙カウンセラーという異色の経歴をしています。元暴走族とあって、中学時代から荒れていたらしく、盗んだバイクでグラウンドを走ったり、タバコを吸いながら廊下を堂々と歩いていたそうです。

中学卒業は就職するも、3か月で辞めてしまい、20回以上転職を繰り返しました。その後に暴走族の副総長になり、恐喝、窃盗、傷害などの犯罪を犯すことから、シンナーや覚醒剤などの薬に手を付けるなど、荒れに荒れたようです。

が、中村幸也さんは鬱になって、それから自分を見つめ直し、地元を離れて、営業職に就いて一からやり直したのだとか。2010年からは心理学とカウンセリングを学びだし、今は心理カウンセラーとして活動をしています。

大阪から沖縄に移住して、息子さんのゆたぼんと講演会をしたり、親子で活動もしているようです。仲が良さそうな親子に思えますが、ゆたぼんは、父親の影響を受けすぎなのでは?との指摘があるようです。

というのも、ゆたぼんが不登校をしようと決めた理由、「俺までロボットになってしまう」という発想は、お父さんの「ロボットのように働くだけの労働者ではなく」という意見にそっくりだからです。影響というよりは、父親の受け売り、または言わされて広告塔にされている可能性もあると見られています。

そもそも、父親の中村幸也さんが影響を受けた衛藤信之さんが、独学で学んだぽかったり、日本の心理学会に入っていなく、日本メンタルヘルス協会という似て非なる会を主催をしていたり、疑わしいところが見受けられると言います。

心理カウンセラーを名乗るのに、法的に無資格でも問題ないというので、立派そうに見えて、怪しい職業だったりするのかもしれません。

中村幸也の著書「あきらめる勇気」の紹介
スポンサーリンク

不登校生ユーチューバーゆたぼんが不登校推奨で炎上!

不登校は不幸じゃない!

「俺が自由な世界をつくる」と言って、学校に通わない選択をした中村逞珂さん。「ゆたぼん」と名乗ってユーチューバーとして活動をして、「ハイサイまいど!」と毎度、言ってはじめる、主にお笑い系など、歌を熱唱する動画を公開しています。同時にいじめや不登校に悩む親に「不登校は不幸ではない」と不登校を推奨するような発信もしているとのこと。

不登校を推奨する一環で、人気作家や編集長、お笑い芸人などと共演をして、学校で勉強するだけがすべてでないこと、色んな人に会うことも勉強ということを、訴えているそうです。他にも「死にたい」など子供から悩みや相談がくると、「死ぬな。苦しむな。学校なんて行かなくていい」と友達になって励ましてあげるのだとか。

子供の自殺が増えるという夏休み明けには、子供を集めたライブを開催する計画をしたり、インターネットラジオ「ゆめのたね放送局」で歳少年パーソナリティーに就任したりと、活躍しているゆたぼんですが、動画のほうは低評価が多く、不登校推奨をすることで炎上もしているようです。

低評価をつけられたり炎上をするのは、ゆたぼんが不登校になっている理由が、イジメなどの悩みからではなく、甘えのように見えるからだと言います。

それでは、本当にイジメを受けて悩んでいる子供の気持ちが分かってあげられないのでは?と思われるようです。一方で熱狂的なファンがいて、ゆたぼんを絶対的に支持しているとのことです。

スポンサーリンク

ゆたぼんが不登校になったきっかけは宿題をやりたくなかったから

学校に通わない選択をして、周りには不登校を推奨するような発信をしているゆたぼんも、理由があって学校に通わなくなったそうです。きっかけは宿題をめぐってのことでした。

ゆたぼんが小学3年生のとき、宿題を拒否したものの、放課後や休み時間に宿題をやらされて、それに不満を抱いたとのこと。そうやって宿題を強制してくる学校の担任の先生の話を、素直に聞く同級生がロボットに見えてきて、「俺までロボットなる」と思って、不登校になることを決めたと言います。

といって、完全に登校拒否をしているわけでなく、学校には行きたいときに行っているそうです。そんな、ゆたぼんの目は学校ではなく世界に向けられているらしく、子供だけが乗れるピースボードで世界中で友達を作り、戦争を失くすことが夢なのだとか。ずっと不登校を貫けるのか、夢を叶えられるのか、これから見守りたいところですね。

スポンサーリンク

ゆたぼんに茂木健一郎が肯定するも高須院長が否定

2019年5月5日のこと、「不登校は不幸じゃない」との見出しで琉球新報に掲載されたゆたぼんの記事が、Yahoo!ニュースになって、話題になりました。これに対して、茂木健一郎さんと高須院長が対照的な意見を述べたようです。

まず茂木健一郎さんは肯定的な意見をツイートしました。「学校に行くかなくても、学べることは無限にある」「社会性は学校で身につけるだけではない」「同じ年齢の子供たちだけの社会は、『社会』とはいえない」として、ゆたぼんにエールを送ったと言います。

対して高須院長は否定的な意見をツイート。不登校なことを「試験もなんにもない、お化けの世界で遊んでいる」と指摘をして、「常識知らずになります」「学校に行く発展途上国の子供に馬鹿にされます」「成人したら困窮します」と忠告をしました。それから30分後には、ゆたぼんをだしにして、稼ぐ大人がいるような気がするとの、指摘もしたそうです。

高須院長のほうが厳しいようですが、「ゆたぼんをだしにして、稼ぐ大人がいるような気がする」というあたりは、ゆたぼんが心理カウンセラーの父親の広告塔になっているのでは?という周りの懸念と一致して、不登校を否定というよりは、心配をしてもいるようです。

スポンサーリンク

ゆたぼんのまとめ

・いじめや不登校に悩む親に「不登校は不幸ではない」と不登校を推奨するような発信をしているそうです。ユーチューバーとして活躍しているゆたぼんですが、動画のほうは低評価が多く、不登校推奨をすることで炎上もして、その理由がは、イジメなどの悩みからではなく、甘えのように見えるからだと言います。

・宿題を強制してくる学校の担任の先生に不満を抱いたのと、そんな先生の話を、素直に聞く同級生がロボットに見えてきて、「俺までロボットなる」と思って、不登校になることを決めたと言います。ゆたぼんの目は学校ではなく世界に向けられているらしく、子供だけが乗れるピースボードで世界中で友達を作り、戦争を失くすことが夢なのだとか。

・ゆたぼんの父親、中村幸也さんは元暴走族でありながら、今は心理カウンセラー、禁煙カウンセラーという異色の経歴をしています。暴走族の副総長になり、恐喝、窃盗、傷害などの犯罪を犯すことから、シンナーや覚醒剤などの薬に手を付けるなど、荒れに荒れたものの、鬱になってからは営業職に就いて一からやり直し、2010年からは心理学とカウンセリングを学びだしたそうです。

・「不登校は不幸じゃない」との見出しで琉球新報に掲載されたゆたぼんの記事が、Yahoo!ニュースになって、話題になりました。これに対して、茂木健一郎さんは「学校に行くかなくても、学べることは無限にある」と肯定的なツイートをして、高須院長は「試験もなんにもない、お化けの世界で遊んでいる」と否定的なツイートをしつつ、ゆたぼんをだしにして、稼ぐ大人がいるような気がするとの、指摘もしたようです。

心理カウンセラーの父親の言いなりになっているとの指摘もありますが、そうでないことを祈りつつ、ゆたぼんには、健やかに成長してほしいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました