スポンサーリンク

城咲仁の実家のチャーハンが上手い!ホスト全盛期の年収は1億円!

ホスト時代の城咲仁さんの全盛期の年収は1億円!

さらに実家のチャーハンが上手いと評判です!

スポンサーリンク

城咲仁の全盛期ホスト時代の年収は1億円以上

城咲仁,現在,チャーハン,全盛期,訃報,年収

2005年にタレントに移行して、ホストは引退してしまった城咲仁さん。タレント業を始めて、またたく間に人気になったのは、全盛期時代に年収1億円以上稼いだとされるホストの技術があってのものだと言われています。

城咲仁さんは、「クラブ愛」という最も老舗とされるホストクラブで働いていました。そんなホストなら知らぬ者のいない有名なクラブで、城咲仁さんは5年間も売り上げ1位を誇っていたと言います。

その5年間で1億円以上を稼いだのでしょう。そういったホストとしての稼ぎとは別に、高額なプレゼントをされることも多かったらしく、高級ブランドものをはじめ、マンションや果てには現金で2000万円を渡されることもあったそうです。

そこまで稼げるなら、多少、裏技的なこともしたのではないかと勘ぐってしまうところ、城咲仁さんは店以外でお客に会わなかったと言います。そうやって同伴をしたり枕営業をしないで1億円以上稼いだことで、城咲仁さんの功績は、余計に偉業と言われるとのことです。

スポンサーリンク

城咲仁の実家の中華料理屋のチャーハンがうまい

城咲仁,現在,チャーハン,全盛期,訃報,年収

元ホストのタレントとしてブレイクした城咲仁さんは、料理が得意なことに加えて、実家が中華料理屋なのも有名なのだそうです。その中華料理屋のチャーハンがうまいと評判なのだと言います。

東京にある、城咲仁さんの実家の中華料理屋は、日祝日休みで席が18席しかない、昔ながらのこじんまりしたお店です。店名は「丸鶏」。チャーハンがうまいと、とくに注目されたのはテレビ番組で紹介をされたからでした。

紹介をしたのは、人気テレビ番組「マツコの知らない世界」。その日のゲストはチャーハンを2500食以上食べてきた山本晋さんという方で、おすすめのチャーハンを出す店として「丸鶏」は紹介されたようです。

城咲仁さんのお父さんは、開店してからずっと50年間、テレビの取材を断ってきたと言います。そんなお父さんも、マツコ・デラックスさんの番組ならと思ったのか、取材を受け入れたようです。

初めての取材に、緊張していたという城咲仁さんですが、番組放送終了後、実家のお店には大行列ができたと言います。番組で人気に拍車がかかった「丸鶏」のチャーハンですが、以前からチャーハン好きには外せないお店と高い評価を得ていたようです。城咲仁さんが好きなメニュー1位にあげているのも、贔屓目抜きに、美味しいと思っているからでしょう。

スポンサーリンク

城咲仁を育てたホスト界の帝王の訃報に城咲仁も悲しむ

城咲仁,現在,チャーハン,全盛期,訃報,年収

2018年10月に、城咲仁さんが働いていた「クラブ愛」の創業者の愛田武氏さんが亡くなられたそうです。ホスト界の帝王と呼ばれる愛田武氏さんの死を、城咲仁さんは悲しみながらも、振り返って語ったとのことです。

「とても肝が据わっていた」「トラブルや問題があったら頭を下げていた」「大胆でいながらずっと店のことで神経を使っていた」と語られる愛田武氏さんは、城咲仁さんのようなカリスマホストを育ててきたとも言われています。そもそも、ホスト界でテレビ出演をしだしたのは、愛田武氏さんで、城咲仁さんらが後に続いたような感じなのでしょう。

自分のキャラで顔を売りつつ、クラブを豪勢な内装にして注目を集め、裏では暴力団の脅しやゆすりと戦ってきたのだと言います。そうして、ホストブームを呼び込み、城咲仁さんなどのカリスマホストを次々と生み出してきたというわけです。

それだけ命を懸けて仕事をしていたからか、3度も脳梗塞になり、2014年に社長を引退。ただでさえ病気なところ、一族で争いが起こって子供が自殺。かるい認知症の傾向が見られて、介護施設で生活していたうちに、亡くなられたようです。

社長を引退してからは、不幸続きだった愛田武氏さんですが、誕生日には介護施設に幹部らが集まり乾杯をしたと言います。多くのホストに慕われていた愛田武氏さんだけに、その訃報に城咲仁さんは育ててもらったから余計に悲しんだことでしょう。

スポンサーリンク

城咲仁はホストを辞めて現在は食のカリスマに

城咲仁,現在,チャーハン,全盛期,訃報,年収

テレビ出演をしはじめたころは、ホストの経験談やネタを話すことで人気を得ていた城咲仁さんですが、だんだんと飽きられて、他に活路を見いだせずに芸能界から遠のいていったようです。とはいえ、表舞台に出なくなっただけで、相変わらず忙しく活躍していると言います。

城咲仁さんが移した活躍の場は、食の方面。もともと料理好きだった城咲仁さんは、雑穀マイスターなど多くの資格を取ったり、料理本を出版したそうです。それだけにとどまらずに、資格の知識を活かし、通販番組で食の商品を紹介する仕事をするなどして、説明が分かりやすいとの好評を得て、売り上げに貢献しているとのこと。

他にも、実家の中華料理屋で使っている秘伝のタレをアレンジして販売したり、美容ドリンクや栄養バーの開発に取り組み、それを通販番組で紹介するという1つのビジネスモデルを確立しているようです。城咲仁さんの手がけた商品はとくに注目されて、売り切れになることもあると言います。

最近では新宿のスペイン料理店で、総括マネージャーとして、コンサルティングもしているそうです。レセプションパーティーでは、多くの芸能人の顔も見られたというので、そういったつながりを保って、芸能界の返り咲きも考えているのかもしれません。

スポンサーリンク

城咲仁のまとめ

テレビ出演がほとんどなくなった城咲仁さんですが、かといって落ち目にあっているようではなく、相変わらずホストのスキルを活かして、忙しく活動をしているようです。

伝説のホストとも言われる城咲仁さんは、老舗の「クラブ愛」で5年間も売り上げ1位を誇っていたと言います。高額なプレゼントをされることも多かったようで、マンションや現金2000万円を贈られたこともあるそうです。

城咲仁さんの実家は中華料理屋「丸鶏」で、もともとチャーハンがうまいと評判のお店だったそうです。人気テレビ番組「マツコの知らない世界」で紹介されて、もっと人気が出て、放送後しばらくは行列ができていたと言います。

2018年10月に、城咲仁さんが働いていた「クラブ愛」の創業者の愛田武氏さんが亡くなられました。ホスト界の帝王、そして城咲仁さんなどのカリスマホストの生みの親とされる人だったので、城咲仁さんの悲しみも深かったことでしょう。

ホストネタが飽きられて、芸能界から遠のいた城咲仁さんは、料理が得意なことを活かして、食の方面の仕事で忙しくしていると言います。最近では新宿のスペイン料理店で、総括マネージャーとして、コンサルティングをして、レセプションパーティーでは芸能人とまだ繋がりがあることを、見せつけたようです。

前はカリスマホストとしてメディアに取りざたされましたが、今度は食のプロとして、テレビ番組に取り上げられることを狙っているのかもしれませんね。

タレント
スポンサーリンク
sufiabomuをフォローする
エンタメハック

コメント