スポンサーリンク

沢松奈生子がうざったい!実家は西宮の豪邸!若い頃はプロテニス選手

沢松奈生子さんはうざったいと言われているようですが、その原因が出しゃばりすぎだからだそうです。

さらに実家は西宮の豪邸だったのです!

スポンサーリンク

沢松奈生子がうざったいのは出しゃばりすぎ!

沢松奈生子,うざったい,夫,実家 西宮,若い頃

元女子プロテニス選手の沢松奈生子さんは、テニスの普及活動をはじめ、コメンテーターや、コラムの執筆で活躍されています。ドラマ「ブラックペアン」に出演するなど活躍を広げている沢松奈生子さんですが、出しゃばりすぎていて、うざったいと一部では言われているようです。

年齢より若く、美しいとも言われるものの、関西出身なだけに、関西弁でまくしたてるのを五月蠅く思う人もいるようで、ギャップがあるのも、プラスにはなってない感じなのでしょう。とくにテニスの解説は熱が入りすぎるせいか、大袈裟な身振りを交えて大声を張るので、朝の番組で見るには、負担になるようです。

一方で、親しみやすいとか、やっぱり美人とかの定評もあると言います。松野明美さんや松岡修造さんなどの、出しゃばりな元アスリート選手も、はじめのころは、うざがられつつ、受け入れられていったので、慣れの問題もあるのかもしれません。

スポンサーリンク

沢松奈生子は若い頃、元女子プロテニス選手だった

沢松奈生子,うざったい,夫,実家 西宮,若い頃

かつては、伊達公子さんとライバルとして競い合い、女子テニスをけん引していったといっていい沢松奈生子さんは、テニス一家に生まれ育ったと言います。お母さんの沢松順子さんは、妹の沢松和子さんとダブルスを組んで、1970年ウィンブルドンでベスト8。

さらに沢松奈生子さんの叔母に当たる沢松和子さんは、他の人とダブルスを組んで、1975年ウィンブルドンで優勝、日本人史上初4大大会のタイトルを獲得した偉大な選手です。

さらにさらに、お父さんの沢松忠幸さんは、沢松和子さんと混合ダブルスを組んで戦っていたこともあり、沢松奈生子さんは「両親がウィンブルドン出場経験者」で曾祖父からテニスをしていた家系に生まれたとのことです。

そんな両親親戚に囲まれ、幼いころから、テニスの英才教育を受けてきた沢松奈生子さんは、15歳で全日本テニス選手権女子シングルで、初出場にして初優勝。ジュニアでウィンブルドン、全米オープンでベスト8に進出して、高校のころは、2年連続、インターハイ団体優勝を果たしました。

17歳ではシンガポール・オープンで初優勝。大学進学するとともにプロ入りをして、名だたる世界の有名選手を破ったり、杉山愛選手や伊達公子選手と切磋琢磨して戦ってきました。

4大大会の最高成績は、全豪オープンのシングルでスベスト8、自己最高ランキングは14位。10年間も世界ランキング50位内をキープしたり、世界の34大会連続で本選出場したり、オリンピックに2度出場したり、輝かしい記録を残しています。

4大大会のタイトルこそ獲れなかったものを、その功績があったからこそ、今の女性テニス選手が世界に羽ばたいていけるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

沢松奈生子の夫はエリートで会社の役員クラス

沢松奈生子,うざったい,夫,実家 西宮,若い頃

2005年に結婚をした、旦那さん丹羽秀行さんは、沢松奈生子さんより7歳上。意外にスポーツ関係の人ではなく、結婚当時は菓子製造、販売会社「ピー・エムファクトリー」の役員でした。転勤してニューヨークにいたので、そこで出会ったのでしょうか。

知人の紹介で知り合った2人は、互いに尊敬しあえることが多く、交際に至ったと言います。旦那さんの情報はあまりないですが、沢松奈生子さんが引退してから出会ったので、職業といい、テニスやスポーツにさほど興味や知識がない人なのかもしれません。

娘さんについても、8歳になるという以外、情報はありません。テニス一家で育った沢松奈生子さんなので、家系を受け継いで、娘さんにもテニスの英才教育をしているのではないかと言われているものの、門外漢そうな旦那さんの意見も聞いていたなら、テニスにこだわらない可能性もあります。

沢松奈生子さんが英才教育をしていたら、騒ぎになりそうなので、そうなっていないということは、テニスとは無縁に娘さんを育てているのかもしれません。ひそかに鍛えているにしろ、下手に目立つことを避けて、慎重に育てているのには違いないでしょう。

スポンサーリンク

沢松奈生子の実家は西宮の豪邸

沢松奈生子,うざったい,夫,実家 西宮,若い頃

世界で活躍するテニス選手は、ランキングがよほど低くなければ、多額の賞金を稼げると言います。曾祖父からテニスをする家系で、両親や叔母が世界で活躍する選手だったことを考えれば、沢松奈生子さんの実家もかなり裕福だったことでしょう。

沢松奈生子さんの実家があるのは、兵庫県西宮市。詳しい場所も、どんな家かも分かっていませんが、テニスコートがあったとなれば、つい西洋式の豪邸を思い浮かべるところです。豪邸でないにしろ、普通の家でないのは、確かですね。

ただ、1995年の阪神淡路大震災で実家は全壊してしまったとのことです。家族が無事だったのは、なによりのことだったものを、ちょうど全豪オープンに出場中だった沢松奈生子さんは不安だったでしょうし、動揺もしたでしょう。とはいえ、家族のため、地元のために頑張らねばと奮起をしたのか、ベスト8までいって、沢松奈生子さんのテニス人生の最高記録を叩きだすことになりました。

ベスト8までいったことにはじまり、震災から引退するまでの3年間大会で頑張り、稼ぎつづけた沢松奈生子さんなら、きっと実家を立派に再建されたのではないかと思います。

スポンサーリンク

沢松奈生子のまとめ

今の女子テニスの躍進につながる活躍をしてきた、元選手の沢松奈生子さん。東京五輪が近くなってきたこともあり、テニス普及をはじめ、活動がますます活発になっているようです。

関西出身の方なので、コメンテーターとして、関西弁でまくしたてるのが、出しゃばりすぎでうざったいと一部では思われているようです。一方では、年齢より若々しい、美しいとも言われています。

曾祖父からテニスをする家系で、両親と叔母が世界で活躍していた選手だった沢松奈生子さんは、幼いころから英才教育を受けて、15歳で全日本テニス選手権で初出場初優勝をしました。その後プロになって、最高記録は全豪オープンベスト8、世界ランキング15位です。

2005年に結婚した旦那さんは丹羽秀行さんと言って、当時は菓子製造、販売会社「ピー・エムファクトリー」の役員だったそうです。2人の間には8歳になる娘さんがいると言います。

テニス一家の沢松奈生子さんの実家は、テニスコートのある豪邸だと言われています。阪神淡路大震災で全壊したものの、家族は無事だったそうです。

是非、大坂なおみ選手には日本人選手として東京五輪に出場してほしいところ。大先輩の元女子テニス選手として、沢松奈生子さんの大坂なおみ選手への説得や働きかけに、期待していですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました