スポンサーリンク

村上佳菜子の実家が食品会社を経営!目が違うとネット上で整形疑惑が!

村上佳菜子さんの実家が食品会社を経営していると判明しました!

さらにネット上で目が違うと整形疑惑が浮上しています。

スポンサーリンク

村上佳菜子はフィギュアスケートの元代表

23歳の若さで現役を引退した村上佳菜子さんですが、四大陸選手権、グランプリファイナルなど主な国際大会では、1位になったことが五回もあります。日本代表に選ばれてソチ五輪にも出場を果たしたり、立派な成績を残しました。

お姉さんがしていたのを見て3歳でスケートをはじめて、小学生6年生のころには、すでに3回転アクセルを跳んでいたと言います。ジュニア時代から大会で優勝したり、全日本ジュニア選手権で3位になって、全日本選手権にも出場し、選手の中で最年少ながら7位入賞になりました。ジュニアからシニアに転向してからは、全日本選手権で安藤美姫さん、浅田真央さんに続き、見事3位に。

その後は世界の大会で好成績を残しつつ、ソチ五輪では12位と入賞を逃しながらも、日本代表として十分に活躍してみせました。が、ちょうど安藤美姫さんと浅田真央さんが活躍していた時期と重なってしまい、活躍の割には選手時代は2人ほど騒がれることはなかったそうです。

ソチ五輪から調子があまり良くなくなり、疲労骨折も抱えて、2016年の全日本フィギアスケート選手権で8位になったのを最後に引退をしました。大学も卒業して、アイスショーに出演しつつ、山田満知子さんのもとで修行をして「五輪に選手を連れていけるコーチになりたい」と指導者になることを目指しているとのこと。

それ以外にも、引退後はもともと明るいキャラが受けて、バラエティ番組や解説者として活躍。人気バラエティ番組「メレンゲの気持ち」のレギュラーになったり、選手時代と違って、安藤美姫さんや浅田真央さんより芸能界で存在感を発揮しているようです。

スポンサーリンク

村上佳菜子の実家は食品会社を経営している

スポーツでも、フィギアスケートやテニスはとくにお金がかかるイメージがあります。それに、村上佳菜子さんは上品な雰囲気があって、お嬢様のようなので、やはり実家はお金持ち?と思うところ。

そんな実家のお父さんは名古屋で食品会社の社長をしていると言います。食品会社でも定食屋を経営しているというので、個人経営ではなく、事業の1つで定食屋をチェーン店で展開している可能性がありますね。とはいえ、村上佳菜子さんは実家のことを公表していないので、「父親が名古屋で食品会社の社長」「定食屋を経営」以上のことは分かっていないようです。

ただ、お姉さんもフィギアスケートをしていたというので、姉妹の活動を支えられたくらいなら、それなりに稼いでいる大きな会社なのでしょう

。一方で、ここまで会社のことが知られていないのなら、村上佳菜子さんの知名度を利用して商売するような経営者ではなく、そんなに出しゃばりではないお父さんなのかもしれません。

スポンサーリンク

村上佳菜子の姉がかわいい

村上佳菜子さんには6歳年上のお姉さんがいて、村上友季子さんだと言います。村上友季子さんのほうが先にフィギアをはじめて、名城大学付属高校、名城大学に進学しつつ選手として活躍。大学卒業とともに引退して、今は母校の高校で物理の非常勤講師を務める傍ら、名古屋で子供相手にフィギアスケートの先生をしているとのことです。

とっくに引退をして、フィギアスケートには先生として関わりつつ、ほとんど表舞台に出てくることはないので、村上友季子さんについては、あまり知られていないそうです。結婚をしているのか、子供がいるのかも、分からないとかで、タレントで活躍している村上佳菜子さんとは対照的に、一般人として普通に生活を送っているようです。

ただ、村上佳菜子さんのTwitterで姉妹の写真が公開されたことがあり、村上友季子さんがかわいいと評判になりました。現役時代の映像や画像もかわいいと定評で、競技が終わって抱きしめ合っている、微笑ましい姉妹の動画も残っているとのことです。

2人のツーショットを見ると、似ているようで微妙に違うとはいえ、かわいい姉妹に思えますね。

スポンサーリンク

村上佳菜子に整形疑惑!現役時代と目が違う!

村上佳菜子さんの目が現役時代と違うと言われて、整形疑惑を持たれているそうです。現役時代のときは、左目が一重で右目が二重だったのが、芸能界で活動するようになって、両目ともぱっちりの二重になったからです。

とはいえ、現役時代も競技前にばっちりメイクした時は両目が二重に見えたことがありました。このころ村上佳菜子さんは自分でメイクをしていたそうで、競技前にはとくに見栄えをよくするようにアイプチなどをしていたのかもしれません。

今では、仕事でもプライベートでもずっとぱっちり両目二重の状態になったので、整形疑惑を持たれているわけですが、芸能界に入って、プロの人からメイクしてもらうようになった影響ではないか?と言われています。現役時代は我流だったのが、プロの人がメイクするのを見たり、教えてもらったりしてメイクの仕方が上手になったから、というわけです。

もともと目が小さいわけではないですし、アイプチくらいで十分に二重になれるだろうという見方もされています。目だけではなく、現役時代と顔つきが違って見えるのは、体重の増減のせいもあるので、整形だという決定打には欠けるようです。

スポンサーリンク

村上佳菜子のまとめ

・選手自体には四大陸選手権、グランプリファイナルなど主な国際大会で、1位になったことが五回もあり、日本代表に選ばれてソチ五輪にも出場を果たしたり、立派な成績を残しました。が、ちょうど安藤美姫さんと浅田真央さんが活躍していた時期と重なってしまい、活躍の割には2人ほど騒がれることなく、でも引退後は芸能界で2人より存在感を発揮しています。

・実家のお父さんは名古屋で食品会社の社長をしていると言い、食品会社でも定食屋を経営しているというので、個人経営ではなく、事業の1つで定食屋をチェーン店で展開している可能性がありそうです。お姉さんもフィギアスケートをしていたというので、姉妹の活動を支えられたくらいなら、それなりに稼いでいる大きな会社なのでしょう。

村上佳菜子さんには6歳年上のお姉さんがいて、村上友季子さんといって、先にフィギアをはじめて、名城大学付属高校、名城大学に進学しつつ選手として活躍しました。大学卒業とともに引退して、今は母校の高校で物理の非常勤講師を務める傍ら、名古屋で子供相手にフィギアスケートの先生をしているとのことで、現役時代や村上佳菜子さんとのツーショットの画像がかわいいと評判です。

整形疑惑を持たれているそうで、現役時代のときは、左目が一重で右目が二重だったのが、芸能界で活動するようになって、両目ともぱっちりの二重になったと言います。ただ、現役時代は我流だったのが、プロの人がメイクするのを見たり、教えてもらったりしてメイクの仕方が上手になったから?とも見られていて、体重の増減のせいもあるようです。

タレント業に励みながら、指導者になるための修業をしているという村上佳菜子さんが、将来どんなフィギアスケートのコーチになるのか、楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました