スポンサーリンク

仲宗根泉の旦那がイケメン!子供もいる!ライザップをしていた!

HYの仲宗根泉さんの旦那さんがめちゃくちゃイケメンだと話題になっています。子供もいます。

さらにライザップに挑戦するもリバウンドしていたようです。

スポンサーリンク

仲宗根泉は366日に込めた意味とは?

仲宗根泉,子供,旦那,歌,366日,ライザップ


仲宗根泉さんが作った歌「366日」には、「一年中あっても、足りない」そんな思いが込められていると言います。それでいて、惚気話ではなく、失恋ソングなのだそうです。失恋ソングとして込められた意味は深く、そして、歌を作るまでの経緯がまた、すごいとのことです。

「366日」ができたのは、ファンの手紙がきっかけでした。そのファンは失恋をして、悲しみに暮れた思いを手紙に綴ったようです。その手紙に胸を打たれた仲宗根泉さんは、これだけ辛い思いをしているような失恋の歌を作ろうと思いました。が、自分も同じ経験をして、同じ思いを味わなければ、歌詞が書けないと考え、本当に自分の彼氏と別れてしまったのです。

おそらく「歌を作るために別れて」とは言わなかったと思うので、彼氏は訳が分からなかったでしょう。ただ、彼氏に辛い思いをさせ、自分も辛い思いをしたおかげで、失恋した時の偽りのない思いを歌詞に書き起こせて、真心こめて歌うことができるのでしょう。手紙を送ったファンも歌を聞いて、仲宗根泉さんは私の気持ちが分かってくれたのだと、感動をしたかもしれませんね。

スポンサーリンク

仲宗根泉の旦那がイケメン

仲宗根泉,子供,旦那,歌,366日,ライザップ


失恋ソングを作るために、彼氏と別れた仲宗根泉さんですが、その後の2012年に結婚したようです。お相手は沖縄に住む、一般男性だそうで、5歳年下の広貴さん。顔立ちのはっきりとしたイケメンです。

2人が初めて出会ったのは、仲宗根泉さんが20歳で、広貴さんが15歳の時。すでに歌手活動をしていた仲宗根泉さんは、地元の中学校で教育実習をしていた友人に頼まれて、生徒たちとの食事会に行ったそうです。で、そのときに仲宗根泉さんが惹かれたのが、生徒だった広貴さんだったというわけです。「あの子と結婚する気がする」とまで思ったとか。

食事会が終わってから、2人は連絡を取りあって、互いに好意を抱くも、なにせ広貴さんはまだ15歳。なので仲宗根泉さんは「好きだけと付き合えない」「これ以上会うのはやめにしましょう」と別れを切りだし、「でもあなたが20歳になったとき、まだお互い好きだったら付き合いましょう」と約束をしたとのことです。

そんな広貴さんへの、複雑で切ない思いを「Song for…」という歌にしたと言います。歌にするほど、広貴さんへの思いを募らせていると、5年後に電話があって、20歳になった広貴さんと再会することになります。そして「俺が結婚するのは、今でもあなただと思っている」と告げられたものの、仲宗根泉さんには別に交際している男性がいたので、気持ちに答えられず。ですが、それからまた2年も広貴さんは待ってくれて、仲宗根泉さんが彼氏と別れた後に、沖縄で再会し今度こそ交際をはじめたようです。

ドラマや映画のようなストーリーを経て結婚した2人は、長女のあかねちゃんと幸せな家庭を築いていると言います。仲宗根泉さんのように難しい恋をしている人は、「Song for…」を聞くと、幸せをつかめた幸運にあやかれるかもしれませんね。

スポンサーリンク

仲宗根泉がライザップで痩せたけどリバウンドしていた

仲宗根泉,子供,旦那,歌,366日,ライザップ


「太っている」と言われたことを気にして、仲宗根泉さんはライザップでダイエットをしたそうです。結果は10キロ痩せて、体脂肪率もー6.5%減ったとのことです。見た目からして、体型が全然違います。

さすがライザップ!と言いたいところですが、誰もが必ず痩せるわけではないようです。芸能人ではスギちゃんや、峯岸みなみさん、キャイーンの天野さんなど失敗した人も少なくないと言います。ということは、痩せたのは仲宗根泉さんの努力と忍耐のおかげもあるのでしょうが、痩せた体型を維持するのは、さらに難しいとのことです。ライザップで痩せても、すぐにリバウンドした人もいますし・・・・。

痩せるだけでなく、体型維持ができるか否かも、重要なところ。とのことで、ライザップで痩せたというビフォーアフターの写真が出てから、しばらく経っての仲宗根泉さんの写真を確認してみると、アフターの写真よりは、ふっくらしているようです。さすがにビフォーの写真ほどではないですが、多少はリバウンドをしているように見えます。

目に見えて明らかに、リバウンドをしているわけではないとはいえ、やはり痩せたときのままの体型維持はできていないのでしょう。せめて、ビフォーの写真まで戻らないことを祈りたいところですね。

スポンサーリンク

仲宗根泉はダウンタウン松本や坂上からトークセンスに称賛

仲宗根泉,子供,旦那,歌,366日,ライザップ


仲宗根泉さんが、あの「ダウンタウンなう」の人気コーナー「本音でハシゴ酒」に出演して、話題になったそうです。ダウンタウンとは「HEY!HEY!HEY!」の共演依頼、坂上忍さんと藤田ニコルさんとは初対面だったものの、物怖じせずに独特の沖縄節を吹かせたようです。

まず、浜田雅功さんを「海人(うみんちゅ)みたい」「人間のナチュラルな姿」と評して、対して坂上忍さんには「目が死んだ魚」とずばっと言いました。そのまま松本人志さんにも歯に衣着せぬ感じて「体を鍛えていたり、年齢に逆らっている感じ」と言って、「ヤシガニに似ている」と例えると、共演者は大笑いしたと言います。

そのあとも、藤田ニコルさんの恋愛相談に真剣に答えたかと思えば、演奏をリクエストされて、先に持ち出した「ヤシガニ」の曲を即興で披露。「あなたはヤシガニ、なんでこんなにムキムキなの、必要ないでしょ、あたなはただのヤシガニ、早く早く、砂浜に帰りなよ」と見事に歌で松本人志さんをイジって、皆を爆笑させたとのことです。

そこまでイジられながら、松本人志さんは「この人、面白いな」と感心したようです。松本人志さんに、そう言われるだけでもすごいとはいえ、ネットでも「ダウンタウン相手にすごい!」「神回!」「めちゃくちゃ笑った!」「ヤシガニやばい!」とダウンタウンや坂上忍さんを楽しませたトーク力が絶賛されたそうです。

ダウンタウンも坂上忍さんも、お笑いやトークに厳しい人を唸らせた仲宗根泉さんなら、これからもっと、バラエティ番組で活躍するかもしれません。

スポンサーリンク

仲宗根泉のまとめ

独特の恋の歌を歌うことで人気の仲宗根泉さんは、芸人顔負けに明るい一方、ミュージシャンとしてはかなりストイックのようです。

「366日」ができたのは、ファンの手紙がきっかけで。失恋をして、悲しみに暮れた思いを手紙に綴ったようです。その手紙に胸を打たれた仲宗根泉さんは、失恋の歌を作ろうと思いましたが、自分も同じ経験をして、同じ思いを味わなければ、歌詞が書けないと考え、本当に自分の彼氏と別れてしまったそうです。

2012年に結婚したようで、お相手は沖縄に住む、一般男性だそうで、5歳年下の広貴さん。顔立ちのはっきりとしたイケメンです。2人が初めて出会ったのは、仲宗根泉さんが20歳で、広貴さんが15歳の時で、「でもあなたが20歳になったとき、まだお互い好きだったら付き合いましょう」と約束をして、本当に20歳になってから、「俺が結婚するのは、今でもあなただと思っている」とアプローチしてきて、交際、結婚に至ったようです。

ライザップでダイエットをして、結果は10キロ痩せて、体脂肪率もー6.5%減ったとのことです。痩せるだけでなく、体型維持ができるか否かも、重要なところで、ライザップで痩せたというビフォーアフターの写真が出てから、しばらく経っての仲宗根泉さんの写真を確認してみると、アフターの写真よりは、ふっくらしていて、多少はリバウンドをしているように見えます。

「ダウンタウンなう」の人気コーナー「本音でハシゴ酒」に出演して、松本人志さんを「ヤシガニに似ている」と例えると、共演者は大笑いしたと言います。さらに演奏をリクエストされて、「ヤシガニ」の曲を即興で披露し、見事に歌で松本人志さんをイジって、皆を爆笑させたとのことです。

これからもきっと、実体験に基づいた真に迫る恋愛の歌を作ってくれるのでしょうが、「ヤシガニ」もいつか、正式な歌として発表してほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました