スポンサーリンク

一青窈の生い立ちから本名がバレた!旦那はどんな人?不倫をしていた

一青窈さんの生い立ちから本名がバレてしまったようです。

さらに旦那さんは出来ちゃった結婚で入籍をしたようです。しかも今の旦那さんではない別の妻子ある男性と7年間の不倫をしていたようです。

スポンサーリンク

一青窈の生い立ちがすごかった!本名は顏窈だった!

一青窈,生い立ち,本名,旦那山口周平,子供,不倫

日本語がぺらぺらで、美しい日本語の歌詞も綴っている一青窈さんですが、父親は台湾人で、母親が日本人のハーフなのだそうです。生まれてから幼稚園までは、姉の一青妙さんと台湾で暮らしていて、本名の「顔窈(イエン・ヤオ)」を名乗っていたそうです。

が、幼稚園を卒園して、母親と姉と3人で日本に来て暮らしはじめました。父親が台湾に残ったのは、5大財閥とされる「顔一族」の長男だったからと言われています。立場上、台湾から離れることができなかったのかもしれません。

離れたまま、一青窈さんが小学生の時に父親は癌で亡くなってしまいます。亡くなった後に、「一青窈」と名乗るようになり、石川県で3人で暮らしていたそうです。しすて、今後は母親までも、高校生の時に亡くしてしまいます。

姉の一青妙さんは、一青窈さんと母親に病名を知らせないまま、必死に看病したとのことです。亡くなってから、打ち明けたそうで、当時はショックだったろうもののの、「黙っていてくれてよかった」と今は思っているようです。

早いうちに両親を亡くされて、辛い目にあいながらも、一青窈さんは半年、浪人をして、AO入試で慶応義塾大学環境情報学部に進学。アカペラサークルに入って、ストリートライブをしたり、ゴスペラーズの北山陽一さんに出会ったりして、福祉のイベントで歌っていたときにスカウトされ、あの有名な「もらい泣き」でデビューをしました。

生い立ちを知ってから聞く「もらい泣き」はそれこそ、もらい泣きして、涙が止まらないかもしれませんね。

スポンサーリンク

一青窈の旦那の山口周平はどんな人?子供はいる?

一青窈,生い立ち,本名,旦那山口周平,子供,不倫

不倫騒動が起こってから、2か月後くらいに山口周平さんと交際していることが分かり、その3か月後、2015年4月にには結婚に至りました。山口周平さんは一青窈さんの2つ年下で、主に兵庫県でアスレティックトレーナーといって、スポーツ選手の健康管理から、怪我のケアまでするトレーナーとして活動をしているのだそうです。

音楽関連の人ではないものの、2人の知り合いの音楽プロデューサーを通して知り合ったとか、また一青窈さんのライブにサポートギターとして参加したことがきっかけとか、言われています。不倫騒動があって、破局後に交際に発展したと言われていますが、前から交際していたのでは?とも思われているようです。

2015年4月に結婚して、7か月後には一人目の男の子が生まれたと言います。どうやらできちゃった婚だったようで、一部では本当に山口周平さんの子供か?と疑われているようです。そんな疑いが持たれつつ、2017年には2人目となる女の子を出産しているので、旦那さんとの関係は良いのでしょう。

不倫騒動があったり、破局後も疑いの目で見られていた一青窈さんですが、「人生最大の達成感を味わった」「この子に会いたくて会いたくて会いたかった」と出産に感激していたようなので、これからはお子さんと家庭を大事にしていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

一青窈と小林武史は不倫をしていた

一青窈,生い立ち,本名,旦那山口周平,子供,不倫

金井克子さんのヒット曲をカバーした、ドラマ「昼顔」の主題歌、「他人の関係
」をヒットさせた一青窈さん。曲がヒットして注目されたのは、曲が良いからだけではなく、自分の不倫を肯定した歌だと見られているからのようです。

週刊誌で不倫相手と報じられたのが、音楽プロデューサーの小林武史さん。「My Little Lover」のメンバーだった人で、1999年に同じメンバーのAKKOさんと結婚をしました。2人のお子さんをもうけた一方で、一青窈さんとは2005年に音楽祭で知り合い、2007年にはフライデーを皮切りに、多くの週刊誌やスポーツ紙に不倫関係が暴かれたようです。一青窈さんにも婚約者がいたとか、AKKOさんも略奪愛だったとか、当時は情報や噂が飛び交ったようです。

不倫どころか、略奪愛だと言われて、フライデーされた翌年、2008年にAKKOさんと小林武史さんは離婚。略奪愛と言われた通り、一青窈さんとの結婚に至るかに思われましたが、同棲が伝えられれば、破局が報じられ、寄りを戻したと言われながら、結局、破局したらしく、理由は小林武史さんが、AKKOさんとの子供がいるので、一青窈さんと子供をもうけるのを渋ったからではないかと言われいます。まあ、小林武史さんが他の女性にいったという噂もありますが・・・。

父親を早くに亡くしたことから、温かい家庭に憧れていたらしい一青窈さんなので、見切りをつけて、望む家庭を築けそうな人と結婚をしたのかもしれません。だとしたら、今のところ、離婚していなく、お子さんも2人もうけたことから、小林武史さんと別れた判断は、間違っていなかったと言えるでしょう。

スポンサーリンク

一青窈は『週刊文春』で7年間の不倫を語る

一青窈,生い立ち,本名,旦那山口周平,子供,不倫

山口周平さんと結婚、そして妊娠して、すこしは前の不倫騒動がおさまってきたころ、一青窈さんは「週刊文春」で阿川佐和子さんと対談して、7年間の不倫について語ったそうです。

小林武史さんの名前は出さないながら「夫と交際する前に7年間恋人だった相手」が、はじめは家庭を持っていると知らなかったと言います。既婚者と知ったときには、かなり好きになっていたから手遅れだったようで、諦められない思いと相手への思いを「詩」にして、ひたすら相手に送りつづけていたとのこと。

報道では「略奪愛」と言われていたものの、相手が離婚しても、自分が結婚できるとは思わず、家庭を築くことを諦めていたそうです。関係が長引くにつれ、恋愛というよりは、アーティストとして惹かれあっただけのように思えてきたらしく、最後のほうは友人のような関係になって、別れたとしています。

この話に納得できない人は多く「もっとどろどろしてたでしょ」「離婚させておいて」と反感を買ったようです。そもそも、お腹が大きいまま不倫について暴露したこと自体、「何考えているの?」と引いてしまったと言います。

この「週刊文春」の対談を紹介したバラエティ番組「上沼・高田のクギズケ」では、医学博士の森田豊先生がいて、この不可解な一青窈さんの暴露を、医学的に説明をしていました。なんでも、出産前は、ホルモンバランスが崩れ情緒不安定になるらしく、その影響で秘密を話したくなることもあるそうです。

出産前で情緒不安定だったから、仕方ないのかもしれませんが、後にお腹にいた子供が知って、傷つくことがないように願いたいですね。

スポンサーリンク

一青窈のまとめ

一青窈,生い立ち,本名,旦那山口周平,子供,不倫

泣ける歌を歌うことで定評のある一青窈さんですが、自分が泣きたくなるような経験をしてきた影響もあるのかしれません。

父親は台湾人で、母親が日本人のハーフなのだそうで、生まれてから幼稚園までは、姉の一青妙さんと台湾で暮らしていて、本名の「顔窈(イエン・ヤオ)」を名乗っていたそうです。台湾と日本と離れたまま、一青窈さんが小学生の時に父親は癌で亡くなり、今後は母親までも、高校生の時に亡くしてしまいます。

旦那さんの山口周平さんは一青窈さんの2つ年下で、主に兵庫県でアスレティックトレーナーといって、スポーツ選手の健康管理から、怪我のケアまでするトレーナーとして活動をしているのだそうです。音楽関連の人ではないものの、2人の知り合いの音楽プロデューサーを通して知り合ったとか、また一青窈さんのライブにサポートギターとして参加したことがきっかけとか、言われています。

週刊誌で不倫相手と報じられたのが、音楽プロデューサーの小林武史さんといって「My Little Lover」のメンバーだった人で、1999年に同じメンバーのAKKOさんと結婚をしました。2人のお子さんをもうけた一方で、一青窈さんとは2005年に音楽祭で知り合い、2007年にはフライデーを皮切りに、多くの週刊誌やスポーツ紙に不倫関係が暴かれたようですが、結局、破局したようです。

山口周平さんと結婚、そして妊娠して、すこしは前の不倫騒動がおさまってきたころ、一青窈さんは「週刊文春」で阿川佐和子さんと対談して、7年間の不倫について語ったそうです。この話に納得できない人は多く、反感を買いつつ、そもそも、お腹が大きいまま不倫について暴露したこと自体、「何考えているの?」と引いてしまったようです。

これからは、プライベートで騒がれ、そのせいで歌も茶化されるようなことなく、純粋に人を泣かせる歌を歌ってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました