スポンサーリンク

ぼくのりりっくのぼうよみがSNSで炎上!ミュージシャンを引退!

ぼくのりりっくのぼうよみさんがミュージシャンを引退することをTwitterで発言をしましたが、なんとそこでフォロワーの方とひと悶着あり、炎上していたようなのです。

スポンサーリンク

ぼくのりりっくのぼうよみのプロフィール紹介!

ぼくりり,ぼくのりりっくのぼうよみ,炎上,引退,大学,へきトラハウス

2019年1月で引退することを発表して、ぼくのりりっくのぼうよみさんが注目されていますね。そんなぼくのりりっくのぼうよみさんの簡単なプロフィールと経歴を紹介していきます。

【本名】不明
【別名】紫外線
【生年月日】1998年2月12日
【出身地】神奈川県
【所属事務所】ソリッドボンド

幼いころから、お母さんの影響で音楽が好きだったそうです。それでニコニコ動画で「紫外線」と名乗って自分でも歌を作って、歌うようになったと言います。ぼくのりりくのぼうよみは、2012年から名乗りだして、由来ははじめのころラップを棒読みで歌っていたからとのこと。

動画サイトで歌っているのが、注目されだして、事務所ソリッドボンドの社長に声をかけられ、レーベルの契約をすることになったそうです。現役高校生としてメジャーデビューするは、10代向け歌のオーディション「閃光ライオット」で1万組の中から決勝進出者の10組に選ばれるは、次々と曲を出しながら、小説やエッセイの連載も手掛けたとのことです。

そうやって、多方面で活躍していたものの、2018年報道番組「NEWS ZERO」で2019年1月で引退することを発表。アーティスト活動を「辞職する」と言い、「自由になりたい」「他人たちの中の偶像に支配されるのが耐えられない」と理由を語ったそうです。

2019年1月には引退ライブにあたる「通夜」「葬式 前夜祭」「葬式」をすると言います。早熟なアーティストで、まだまだこれからというところ、引退したいと思うような、なにか出来事があったのか、気になりますね。

スポンサーリンク

ぼくのりりっくのぼうよみが引退する理由は天才を止めたいから?

ぼくりり,ぼくのりりっくのぼうよみ,炎上,引退,大学,へきトラハウス

 

ぼくのりりくのぼうよみさんは、「NWES ZERO」で引退の理由を語った以外に、Twitterで引退について、色々と語っているようです。「才能なんてなければよかった」「天才を辞めることにした」「才能に押しつぶされた」と自分に才能があるゆえの苦悩が吐露されていたとのことで、前から歌の歌詞にも、そういった思いがつづられていたと言います。

才能のある人は考えることが違うなあと、思うところですが、ぼくのりりくのぼうよみさんの、それらの言葉を真に受けないほうがいいという人もいるそうです。確かに、ぼくのりりくのぼうよみさんは多方面で活躍して、人気もあるとはいえ、国民的アーティストというわけではないと。そう勘違いしたのは本人のせいではなく、あたかも自分が国民的アーティストと思いこませた、周りの人間のビジネス的打算と、浅はかな考え方に問題があるとのことです。

若くて才能がありそうな子が出てくると、「天才だ」「逸材だ」と過剰にもてはやして、商品としての価値がなくなったり賞味期限が切れたりすると、切り捨ててしまう傾向が、今の芸能の世界にあると言います。

そう、考えると、ぼくのりりくのぼうよみさんが、本当に「才能なんてなければよかった」と思っている可能性もあるとはいえ、周りの思惑に気づいて、抜け出そうと考えての引退発表なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ぼくのりりっくのぼうよみが引退前にTwitterで炎上

ぼくりり,ぼくのりりっくのぼうよみ,炎上,引退,大学,へきトラハウス

引退する理由についてTwitterで「才能なんてなければよかった」と呟いたことで、ぼくのりりくのぼうよみさんには、多くのファンからの声が寄せられました。その反応に驚きつつ、何故かアンチの人に向けて「見ている?」「僕に嫉妬しますか?」「羨ましいですか?」「僕になりたいですか?」と質問を投げかけました。

ですが、アンチからは反応があまりなかったようで、ファンから励ましの声が届くと「アンチの意見が欲しいのに」「信奉者ばかりで辟易」とコメントして、アンチしか答えられないようなアンケートを設定して「アンチ以外は答えないで」と釘まで指したとのことです。

何故だかアンチにこだわる姿勢にファンもさすがに「ファンをなんで大切にしない?」「辟易ってどういうこと」と批判をしたものの、「説教ババア軍団うざい」「客選ぶ権利がある」「ちやほやされたいならホストクラブに行け」と辛辣に言い返したそうです。

ぼくのりりくのぼうよみさんの反論に怒る人もいながら、「偶像を壊そうとしている?」「あえて嫌われようとしている?」とあまりに不可解な態度に、深読みするファンもいるとのことです。そうやって、Twitterが炎上しているというより、暴走するぼくのりりくのぼうよみさんについていけずに、戸惑っているファンが多いようです。

スポンサーリンク

ぼくのりりっくのぼうよみがへキトラハウスを1日で辞職したのはドッキリだった!

【重大発表】新メンバーからご報告があります

引退を発表してから、いきなりヘキトラハウスに入りたいと語る動画を公開。つづけてTwitterで「就職活動がうまくいき、就職先が決まった」と報告がされて、ヘキトラハウスのチャンネルで面接の動画が公開されたそうです。

ヘキトラハウスに入りたい理由は「1番没落しているから」前職を聞かれて「天才」何をしたいかについては「好き勝手言いたい」と、本気なのか冗談なのか分からない感じで、答え続けるぼくのりりくのぼうよみさん。「もう勝手に言っている」とツッコまれつつ、音楽活動については「メンバー全員のソロアルバムをプロデュースしたい」と言って、ヘキトラハウスメンバーに満更でもないように思わせたそうです。

希望の年収を「700億円」とあくまで真顔で答えて終わった面接によって、ヘキトラハウスの加入が決まったと言います。が、翌日にヘキトラハウスのチャンネルで「重大発表の報告」という動画が公開。重大発表とはぼくのりりくのぼうよみさんが辞職することになった、ということでした。

「方向性が違った」「圧倒的な違いに心が押しつぶされそうになった」と理由がしらじらしく語られたあとで、ぼくのりりくのぼうよみさんの新しいアルバム「没落」の宣伝動画が流れたそうです。どうやら、宣伝を兼ねたドッキリだったようで、ただ、はじめから怪しいと気づいていた人は多いようです。

引退の発表を「辞職する」と表現したことに合わせた、ヘキトラハウスを1日で辞職するという趣向のドッキリに、多くの人が面白く感じ、笑わせられたと言っているそうです。

スポンサーリンク

ぼくのりりっくのぼうよみのまとめ

引退発表をしたことで注目されているぼくのりりくのぼうよみさんは、本当に引退をするのかと思うほど、物議をかもすようなことをしていますね。

ぼくのりりくのぼうよみさんは、お母さんの影響で幼いころから音楽が好きで、動画サイトで別名「紫外線」とも名乗って、自分で作った歌を歌っていました。注目されだしてきた頃、事務所ソリッドボンドの社長に声をかけられメジャーデビュー、10代向け歌のオーディション「閃光ライオット」で決勝進出者になったり、小説やエッセイの連載を手掛けたり、多方面で活躍したものを、2019年1月でアーティスト活動は「辞職する」のだそうです。

アーティスト活動を引退することに「才能なんてなければよかった」「天才を辞めることにした」「才能に押しつぶされた」と才能があるがゆえの苦悩を吐露しています。が、本当のところ、ビジネス的な打算のある周りの「天才」ともてはやす声が嫌になって、そんな世界から抜け出したいのかもしれません。

引退発表した後、Twitterには励ましの声が多く寄せられたものの、何故だかぼくのりりくのぼうよみさんは、アンチにこだわるツイートをし続けました。「アンチではなくファンを大事にしたら」と言われると「説教ババア軍団」と辛辣に言い返すなど、炎上してファンの怒りを買うというよりは、戸惑わせているようです。

引退発表してから、いきなりヘキトラハウスに入りたいと言いだし、Twitterで「就職が決まった」と呟いたと思ったら、ヘキトラハウスで面接の模様を撮った動画が公開されました。それで加入が決まった翌日には「重大発表の報告」という動画が公開され、ぼくのりりくのぼうよみさんが辞職することになったと言いつつ、新しいアルバムの宣伝動画を流したあたり、宣伝を兼ねたドッキリだったようです。

ぼくのりりくのぼうよみさんが「天才を辞めることにした」と言った通りに、アーティスト活動を引退することで、辞められるのか、気になるところですね。

現在放送中の見逃したドラマが見れる!(31日間無料)

現在放送中のドラマ

『刑事ゼロ』
『メゾン・ド・ポリス』
『ハケン占い師アタル』
『僕の初恋をキミに捧ぐ』
『後妻業』
『ゆうべはお楽しみでしたね』
を見逃したならU-NEXTで全て見ることができる!
さらに今だけ31日間無料で見放題!

無料期間中に解約すればお金は一切支払わなくてOK!

ミュージシャン
スポンサーリンク
sufiabomuをフォローする
エンタメハック

コメント