スポンサーリンク

ka-yuに恐喝疑惑!ネット上で集団訴訟を募っていた!事実確認中!

ジャンヌダルクのベースka-yuに恐喝疑惑が浮上。

ネット上では集団訴訟プラットフォームというサイトまで出てきています。

事実確認の判断が現在、裁判所で行われることに!

スポンサーリンク

ジャンヌダルクが解散を発表!

2019年4月1日、新しい元号が発表されると共に、ロックバンド「ジャンヌダルク(Janne Da Arc)」の解散が発表をされました。報告の概要は以下の通りです。

きっかけは、ka-yuさんが脱退の意向を示したことらしく、他のメンバー、yasuさん、youさん、kiyoさん、shujiさんとスタッフで数日をかけて、今後のことを話し合ったそうです。

現状はyasuさんが、治療で休んでいることもあって、ジャンヌダルクの活動が先を見通せず、ファンの期待に応えられることを約束できない状況であり、4人のメンバーでジャンヌダルクと名乗るのは難しく不誠実だと考えたとのこと。

なので、ジャンヌダルクの解散の発表とka-yuさんの脱退報告を同時にさせてもらうことになったと言います。さらに事務所アップライズ・プロダクトを退社をしたそうです。

それから、あらためて、ka-yuさんが脱退に至るまでの経緯の説明がされました。新作アルバムの発表を控えたり、プロモーションや後に行われるライブツアーの準備をしていた昨年の9月に、弁護士事務所からka-yuさん宛の内容証明郵便が送られてきたのだとか。

そこに書かれている事が、もし事実なら、社会的正義から著しく反する行為らしいです。事実である危険性があるために、ツアーなどは中止にしたようです。

内容証明の詳しいことは裁判をしていくことになれば、公表ができないらしく、裁判で早く事実がはっきりとすることを望んでいたそうですが、時間がかなり、かかりそうで、ka-yuさんの行為にも問題が見られたと言います。

それでもka-yuさんが法を犯していないと信じ、自ら潔白を証明して、ファンのことを思って、ジャンヌダルクとして音楽活動を再開してほしかったようです。

が、ka-yuさんはジャンヌダルクを大事としながらも、それより大事にしたいものが見つかったと言い、バンドから脱退、事務所も辞めることを決断したとのことです。メンバーにも相談をして、ka-yuさんの意志を尊重するとのことで、正式に脱退することになったというわけです。

せっかく、新しい元号が発表されためでたい日に、ファンはひどくショックを受ける事態になりました。中にはエイプリルフールだから、と望みを持った人もいるようですが、残念ながら悪い冗談では済まされなかったようです。

スポンサーリンク

メンバーのka-yuが恐喝をしていた疑惑!ネット上で集団訴訟に!

ka-yuさんが、脱退するきっかけになった、弁護士事務所から送られてきた内容証明。そこに書かれている事が、もし事実なら、社会的正義から著しく反する行為と言っていましたが、具体的にはどういったことなのでしょう。

ネットでは詐欺、風俗斡旋、暴走族との関係、薬物、など色々と疑惑が推測されていますが、逮捕されるまでに至らず、内容証明が送られてきたというので、人間関係のトラブルではないかと言われています。

不倫などが当てはまり、ka-yuさんの場合は、ネットで集団訴訟を募る「集団訴訟プラットフォーム」というサイトがあって、そこに、どんな人間関係のトラブルがあったのか書かれていました。

ka-yuさんにお金を要求されたとのこと。肉体関係を持つとお金を要求され、お金を払えないと言えば、肉体関係を持った動画をばらまくと脅したり、仲間が仕返しすると迫ったり、恐喝まがいのことをしたのだそうです。恐喝された一人は、風俗で働いてお金を渡すようになったのだとか。

実際に被害に遭った人が、細かい経緯を打ち明けていました。SNSのダイレクトメッセージで連絡を取ることからはじまり、電話番号を聞かれ、非通知でかけてくるようになったと言います。関係を持つようになってからは、貯金などのお金がなくなって、払えなくなると、風俗で働くように誘導されて、売り上げを巻き上げられたとのことです。

3人の人が被害を訴えているようで、裁判で争っても負けるから、ジャンヌダルクを脱退したのではないかと言われています。

 

こちらがその「集団訴訟プラットフォーム」のサイトです!

⇒「Janne Da Arc」有名バンド所属のベーシストka-yuによる恐喝・詐欺に対して集団訴訟を起こそう‼

スポンサーリンク

今後は裁判所でka-yuの事実確認がされる

弁護士事務所から内容証明が送られただけで、まだ訴えられていない時点でka-yuさんはジャンヌダルクを脱退しました。ネットの「集団訴訟プラットフォーム」というサイトで集団訴訟を募っているだけあり、これから、裁判で争そうことになるのを、見越してだったのでしょう。

おそらくka-yuさんが恐れたのは、事実認定で事の詳細が明らかになることだと思います。事実認定とは、お互いの主張を、証拠品を並べて訴えて、事実の確認をするというものです。どちらの主張が事実を語っているのか、判断するのは裁判官の「自由な心証」によるのだそうです。

相手はネットで集団訴訟を募っているくらいなので、有効な証拠品を持っているのかもしれません。ka-yuさんは非通知で電話をかけたり注意を払っていたようなものの、電話の内容を録音されたかもしれないし、もし、風俗で働かせていたというのが本当なら、お店側の証言が出てくることになりそうです。

裁判に負けるか勝つか以前に、事実認定によって、ka-yuさんの裏の顔が見えたり、ぼろが出てくる可能性は高いでしょう。ファンにそんな姿を見せて悲しませないためにも、脱退をしたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ka-yuのまとめ

・2019年4月1日、新しい元号が発表されると共に、ロックバンド「ジャンヌダルク(Janne Da Arc)」の解散が発表をされました。きっかけは、弁護士事務所から内容証明郵便が送られてきたka-yuさんが脱退の意向を示したことらしく、ジャンヌダルクの活動が先を見通せず、ファンの期待に応えられることを約束できない状況であり、4人のメンバーでジャンヌダルクと名乗るのは難しく不誠実だと考えてのことだったそうです。

・逮捕されるまでに至らず、内容証明が送られてきたというので、人間関係のトラブルではないかと言われています。「集団訴訟プラットフォーム」というサイトには、ka-yuさんにお金を要求されたとのこと。肉体関係を持つとお金を要求され、お金を払えないと言えば、肉体関係を持った動画をばらまくと脅したり、仲間が仕返しすると迫ったり、恐喝まがいのことをされたとの被害が訴えられていました。

・おそらくka-yuさんが恐れたのは、事実認定で事の詳細が明らかになることだと思います。事実認定とは、お互いの主張を、証拠品を並べて訴えて、事実の確認をするというもので、ka-yuさんの裏の顔が見えたり、ぼろが出てくる可能性は高いでしょう。

ka-yuさんは脱退し、ジャンヌダルクも解散をしたものの、これから裁判沙汰になるのなら、まだその行方から目を離すことができませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました