スポンサーリンク

滝沢カレンの四字熟語一覧集が馬鹿すぎ!彼氏はバンドマンだった!

滝沢カレンさんは日本語がおかしいと言われていますが、その中でも四字熟語の一覧集がさらにおかしいです!

彼氏はバンドマンという噂も浮上!

スポンサーリンク

滝沢カレンの日本語がおかしい!四字熟語で付けたあだ名一覧が面白い

滝沢カレン,四字熟語 一覧,彼氏 バンド ゆうすけ,ナレーション,病気

滝沢カレンさんといえば、話す日本語がおかしいことで、面白がられていますよね。お父さんがウクライナ人のハーフなので、日本語が不慣れなのかな?と思うところ、がっつり日本生まれの日本育ちなのだそうです。

そんな滝沢カレンさんの独特の日本語のセンスがとくに発揮されるのが、芸能人につける四文字熟語のあだ名。大御所だろうが大スターだろうが遠慮なく、結構失礼なオリジナル四文字熟語であだ名をつけていっています。

笑福亭鶴瓶師匠には「快楽名人」。恵比寿顔だから?

中居正広さんには「支配抜群」。確かに支配力が強そうですが、抜群とは・・・。

関口メロンディーさんには「生涯踊子」。改めて漢字にすると渋いような。

尾上松也さんには「単独行動」。自分勝手ということ?

今田耕司さんには「独身番長」。番長なら何をしきっているのでしょう。

藤本敏史さんには「突如顔面」。とにかく顔面がすごいらしい。

鈴木あきえさんには「万年笑顔」。ずっと作り笑いをしているとでも?

渡部健さんには「芸風過多」。色々やりすぎていると言いたいのでしょうか・・・。

もともとない言葉ですし、四文字熟語として成立もしていませんが、的外れでもなく、漢字の選び方が面白いですよね。単にストレートに失礼なことを言っているように思えるものの、不思議と滝沢カレンさんが四文字熟語で言うと、許されてしまうようです。

スポンサーリンク

滝沢カレンの彼氏はバンドマン?それともゆうすけ?

滝沢カレン,四字熟語 一覧,彼氏 バンド ゆうすけ,ナレーション,病気

バラエティ番組に引っ張りだこで忙しくしている中、サイパン島で滝沢カレンさんが男性と一緒にいるところが目撃されて、週刊文春に報じられたようです。

目撃情報によると、鉄板焼きのレストランで、2人で並んで座って食事をしていたそうです。事務所に確認をしたところ、事実と認めて「仲良くさせていただいている」と交際まで認めているようなコメントをしたと言います。

婚前旅行とも言われるサイパン島に同行したお相手は、年上で20代後半、永山絢斗さんに似たイケメンだそうです。飲食店の経営を手掛ける大会社の御曹司であり、取締役も務めていて、一方でバンドマンとしてメジャーデビューしているとのこと。

そんなイケメンの青年実業家の名前や顔までは週刊誌は明かしませんでした。そこで気になる人が調べたところ、「ゆうすけ」という名前が出てきたようです。

「ゆうすけ」とはサッカー選手の比嘉祐介さんで、滝沢カレンさんのブログに名前が書かれていたそうです。とはいえ、イケメンても他の特徴が一致しないので、サイパン島に一緒に行ったお相手ではないのでしょう。

他に名前が上がったのが「大谷」。この名前も滝沢カレンさんのブログに書かれていて、しかも「彼氏は学習院の大谷」とまで明かされていました。2008年とあって、デビューしたてのころだったからか、今以上にあけっぴろげだったのでしょう。

「大谷」とは大谷眞慶さんといって、実際に学習院高校、大学の卒業生なのだそうです。画像もあるので、顔も分かっていますが、なにせ週刊文春の写真がぼやけているので、見比べても同じかどうか判断がつかないと言います。

とにかく「ゆうすけ」は少なくともサイパン島に一緒に行ったお相手ではなく、大谷眞慶さんも確証がないようです。

スポンサーリンク

滝沢カレンが日本語が不自由なのは病気のせい?

滝沢カレン,四字熟語 一覧,彼氏 バンド ゆうすけ,ナレーション,病気

滝沢カレンさんはがっつり日本生まれで日本育ちなのに日本語が不自由ですよね。そのことを不思議がって病気のせいではないかと思う人もいるようです。

話すのが不自由になる病気が実際にあるようで、「ウェルニッケ失語」というそうです。普通に話せているようで、やたらと言い間違いが多かったり、急に訳の分からないことを言ったりすることがあるようです。人の話を理解する、右に習えと真似をすることが難しく、あまり読解力もないと言います。

そう言われれば当てはまるように思えるものの、滝沢カレンさんのお母さん、宮沢さゆりさんが否定をしました。そして、滝沢カレンさんが独特の話し方になったのは、自分のせいだと打ち明けたそうです。

宮沢さゆりさんは、もともとロシア語を通訳する仕事をしていて、その経験を活かして今は、ロシア人のバレエ講師がいるスタジオ「ryabina」のオーナーをしています。ロシアに縁があったからか、ウクライナ人のお父さんと出会ったのでしょうが、妊娠中にお父さんは帰国してしまったそうです。

なので、滝沢カレンさんが生まれてからも、養うために精力的に仕事をしたと言います。滝沢カレンさんは代わりに祖母に面倒をみてもらっていたのですが、仕事関係で周りにはロシア人が多かったことと、お母さんがほとんど世話をできなかったことで、日本語が不自由になったのではないかと、お母さんは思っているようです。

かまってやれなかっただけでなく「勉強を無視しろ」という家訓があったことも、影響したのでしょう。お母さんは自分の責任に感じているようとはいえ、日本語が不自由なことを個性として面白いと受け取られ、何より滝沢カレンさんが生き生きとしているのだから、結果的には良いほうに転がったと言えそうです。

スポンサーリンク

滝沢カレンのナレーションが面白すぎる

1x1.trans - 滝沢カレンの四字熟語一覧集が馬鹿すぎ!彼氏はバンドマンだった!
YouTube

テレビ番組「全力!脱力タイムズSP」で滝沢カレンさんのナレーションが、多くの視聴者を困惑させつつ、絶賛されたと言います。「不自由な日本語を自由に操る」という訳の分からない技を繰り出したようです。

これまで滝沢カレンさんのナレーションは注目されていたものの、スペシャルでは番組が30分拡大して放送されたので、より話題になったようです。そのときに流れたナレーションは今年話題のかき氷の紹介。

「甘味処」を「かんみどころ」ではなく「あまみどころ」と何度も言ったり、「クリームブリュレ」を「クリームリュブレ」と逆に言いにくいようなオリジナルの単語に言い換えていたそうです。

かき氷が作られていく過程もシロップを「ケチャップ」なんて言うは、「量は適当、いい意味で」と相変わらず失礼な言葉も連発していたとのことです。これにはゲスト出演していた田村淳さんも「情報が頭に入らない」「何を伝えたいの?」と困惑しきりだったと言います。

面白さから、絶賛する声もある一方、文字に起こして改めて読んでみたら、そんなに面白いことを言っているわけではないと指摘する人もいます。

それでも笑ってしまうのは、スタジオでツッコミをいれてくれているおかげと、滝沢カレンさんの言い方にあるようです。それにしても、滝沢カレンさんをあえてナレーションに起用したという番組の目のつけどころや、自由にやってもらうという方針が良かったのでしょうね。

スポンサーリンク

滝沢カレンのまとめ

滝沢カレン,四字熟語 一覧,彼氏 バンド ゆうすけ,ナレーション,病気


バラエティ番組で多くの人を笑わせている滝沢カレンさんですが、恋愛に病気の噂と、面白いだけではない一面も覗かせてきているようです。

滝沢カレンさんの独特の日本語のセンスがとくに発揮されるのが、芸能人につける四文字熟語のあだ名。たとえば笑福亭鶴瓶師匠には「快楽名人」。

関口メロンディーさんには「生涯踊子」。藤本敏史さんには「突如顔面」などなど、単にストレートに失礼なことを言っているように思えるものの、不思議と滝沢カレンさんが四文字熟語で言うと、許されてしまうようです。

サイパン島で滝沢カレンさんが男性と一緒にいるところが目撃されて、週刊文春に報じられたようです。イケメンの青年実業家という男性の名前や顔までは週刊誌では明かされなかったので、気になる人が調べたところ、「ゆうすけ」ことサッカー選手の比嘉祐介さんと「大谷」こと大谷眞慶さんの名前があがったものの、「ゆうすけ」は特徴が違うし、「大谷」も確証がないようです。

滝沢カレンさんが日本語が不自由なのを不思議がって病気のせいではないかと思う人もいるようです。実際に「ウェルニッケ失語」という病気があるとはいえ、お母さんの宮沢さゆりさんは否定をして、仕事関係で周りにはロシア人が多かったことと、お母さんがほとんど世話をできなかったことで、日本語が不自由になったのではないかと、打ち明けたそうです。

テレビ番組「全力!脱力タイムズSP」で滝沢カレンさんのナレーションが、多くの視聴者を困惑させつつ、絶賛されたと言います。今年話題のかき氷の紹介をしたときは「甘味処」を「かんみどころ」ではなく「あまみどころ」、「クリームブリュレ」を「クリームリュブレ」と何度も言い間違い、シロップを「ケチャップ」なんて言うは、「量は適当、いい意味で」と相変わらず失礼な言葉も連発していたとのことです。

日本語の不自由さがいつか飽きられる日がくるのか、飽きられたなら滝沢カレンさんはどういう転換をするのか、まだまだ注目していきたいところですね。

モデル
スポンサーリンク
sufiabomuをフォローする
エンタメハック

コメント