絡みつく視線!人妻レイプで旦那以外の精子を強制注ぎ込み!

絡みつく視線!人妻レイプで旦那以外の精子を強制注ぎ込み!

絡みつく視線をネタバレ!

夫との仲に不満を持つ智子は、公園で遊んでいる息子を迎えに行った際に自分を見ている怪しい男性に気付き、気味の悪さを覚える。

翌日、学校へ行く息子と出勤する夫を送り出すと、警察官を名乗る男が現れ「不審な人物は見なかったか」と問われる。

昨日の男の話をすると、家の中で話を聞きたいと切り出される。しぶしぶ中へ招き入れるが、その男は昨日公園で智子を見つめていた男だった。

 

男は6件の人妻レイプで13年間服役しており、出所した直後だった。そんな男に智子は無理やり押し倒されてしまう。

智子に挿入中の男は膣内に射精しようとする。智子は必死に抵抗するが、それも虚しく中に出されてしまう。それだけでは満足しない男は続けて挿入しようとするが、そこへ学校に行ったはずの息子が忘れ物をしたため一時帰宅する。

そんな中、男は息子が家の中にいるにも関わらず智子に再び挿入。智子は息子に気付かれぬよう必死で声を抑えるが…。

 

6件の人妻レイプでムショ13年服役していた男性は旦那以外の精子を人妻に注ぎ込む瞬間こそが至福の優越。抵抗する人妻に中出しする快感が病みつきに。

そして、中出しされた後の絶望で脱力した人妻の体を思い切り抱きしめ一発目の精子を膣内に出し尽くす。

自分の独占欲と支配感を満たすために人妻の教師、和服が良く似合う人妻、ヤンキーの人妻を身勝手な理由で強姦を繰り返す凶悪レイプ魔の欲望をリアル描写を目撃せよ!

感想:これ漫画じゃなくてリアルの話だろ・・・大丈夫か?

読んだ感想は

これ実際にあった話だろ!描写がリアルすぎるんだよ!

です。

最初の話で13年服役していた男が刑務所から出所して更生するかと思いきやまた人妻をレイプするときのシチュエーションやレイプした時の心情があまりにもリアルすぎる。

特に注目して欲しいのが登場してくる男の目だ。

恐怖でおどけている様子から快楽へと至る過程が尋常じゃないほど表現されている。

それを表すのが男の目だ。

 

そして、なぜ私がこの作品がリアルすぎると思ったかというとどうやってレイプ魔が誕生したかの話が描かれているからだ。

小学生の頃、担任の若くて美人でムチムチした人妻教師をレイプしてしまったことで歪んだ性癖が出来てしまった。

そこから暴走が止まらず、次々とありとあらゆる人妻に精子を注ぎ込む。

また最後にはレイプ犯として捕まり、法廷に立たたされているシーンも本当にあった物語ではないかと思ってしまう。

 

正直、私は人妻には大して興味がなかったが、この作品を読んで自分もこのようなリアルを味わってみたいと思い、出会い系サイトで片っ端に中出し出来る人妻にメッセージを送っていた。

旦那以外のチンポで感じている人妻に自分の精子を注ぎ込むことがこんなにも気持ちいいものだとは思わなかった・・・。

これは本当に病みつきになりそうで自分が恐ろしく感じてしまった・・・。

ちなみに使った出会い系サイトはPCMAXでした。検索欄で「中出し 人妻」って検索すればたくさん見つかりますので、参考になればw

『絡みつく視線』を最安値で読む方法を紹介

小鳥の告白~淫獄の果てにネタバレ!汚れた体を愛する史貴に膣キュン

絡みつく視線はFANZAで1620円で売られています。

しかし、面白いからといっても簡単に買ってみようかなって金額ではないですよね。

そこでおすすめなのが私が長年愛用している電子書籍サービスBookLiveコミックを使う。

なぜBookLiveコミックを使うべきかというと

  • 話数ごとに購入できる!
  • 『絡みつく視線』は1話64円で販売されている!
  • 話数ごとに買えるから損しない!

 

アダルトコミックってめちゃくちゃ高い作品多いですよね。無料で試し読みしてもちょっとしか読めないし、正直レビューとかを見ながら購入しようかなどうしようかなっていつも迷ってしまう。

でも、1話64円で話数ごとに販売されていたらどうですか?

「1話64円か!じゃあ試しに買って面白かったら続き買お!」ってなりますよね?

つまり、話数ごとに購入すれば迷う時間がなくなり無駄な出費も防ぐことができるのです!

この機会にぜひBookLiveコミックを利用してみてください。

BookLiveコミックは2004年にケータイ電子書籍サービスを日本で最初に始めた老舗サイトなのでとても安心!

⇒私も愛用している電子書籍サービスはこちら!

※検索欄で「絡みつく視線」と検索

 

違法ダウンロードで読めばいいかって考えは止めましょうね!作者さんたちににお金が行かなかったらアダルトコミック書いてくれなくなっちゃいますよ!

参考文献:違法ダウンロードの刑事罰化についての文化庁のQ&A

コメント