スポンサーリンク

松村沙友理は路上キスで既婚者と不倫してた!それが原因でぼっちに!

2014年に乃木坂46松村沙友理が既婚者の男性と路上キスをしていました。

その影響でグループ内でぼっちになっている期間が1年間ぐらいあったようです。

スポンサーリンク

松村沙友理の出身校は大阪桐蔭

大阪出身で明るい性格でありバラエティ班の1人の松村沙友里さんですが、実はすごく頭がよく、学歴がすごいのだそうです。学歴については、乃木坂46の冠番組で学力テストをしたところ、全体の5位に入賞するほどだったと言います。

そんな松村沙友里さんの出身中学校は、地元の大阪市立蒲生中学校。中学校は家の近くにある市立学校に通っていて、幼稚園のころから習っていた水泳に打ち込んでたとのこと。この学校には元E-girlsの杉枝真結さんや、フェアリーズの藤田みりあさんなども通っていたようです。

そして、受験で大阪桐蔭に挑みました。中高一貫の大阪桐蔭は偏差値が63とあって、高校から受験で入るのはかなり、難しいらしいものの、松村沙友里さんは見事に合格をしました。高校はほぼ1日も休ますに通い、勉学に専念し過ぎたせいか、友人はいなかったそうです。

これだけ、頭がいいのなら、当然大学も目指しました。親のすすめで看護師になるため、大阪大学医学部を目指し予備校に通っていたのだとか。とはいえ、模擬試験の成績があまり良くなかったこともあり、他のこともやりたいと思って、乃木坂46の1期生オーディションに応募したということのようです。

筑波大学に合格していたなんて噂もあるくらい、松村沙友里さんは意外に頭脳派のイメージがあるようです。

スポンサーリンク

松村沙友理は2014年に路上キスを報じられた

アイドルなら御法度といえる路上キスが報じられるなんてことを、松村沙友里さんはやらかしていたそうです。報じたのは「週刊文春」で2014年のこと。

撮られた写真は何枚もあり、路上キスはもちろん、男性に抱きついていたり、別れを惜しんでいるものがありました。報道によると、週一ペースで密会を重ね、新宿や銀座の個室高級カラオケに2人で行っているところが目撃されたとのこと。

相手も判明して、マンガ雑誌「ヤングジャンプ」の敏腕と言われていた元編集者なのだそうです。しかも妻子持ちということで、熱愛報道に留まらず不倫報道にまで発展しそうになりました。

この報道を受けて松村沙友里さんは釈明をしました。相手については、仕事で知り合ったわけでなく、色々と悩んでいるころに、街中で声をかけてきたとのこと。ナンパされたようですが、男女の関係になったわけでなく、アニメやマンガがなどの趣味の話をするだけ、と言いました。

なのに、なぜ路上で抱き着いたり、キスをしたのか?松村沙友里さんが言うには、悩んでいたうえに、飲み慣れないお酒を飲んで酔ってしまい、馬鹿をやったとのことです。「自分でも信じられない」としつつ「本当にすみません」と声を震わせて謝ったと言います。

不倫には厳しいご時世ですが、メンバーは「一緒に頑張ろう」と励まし、仕事にしろ、その後のシングルの選抜入りを果たしましたし、ファッション誌「CanCam」の専属モデルに抜擢されたりと、あまり影響は出なかったようです。

スポンサーリンク

松村沙友理の相手は集英社の編集長の佐井慶英

不倫報道まで発展しそうになったのを、なんとか謝罪して回避した松村沙友里さん。では、相手はどうなったのでしょう。

相手は敏腕と言われていた「ヤングジャンプ」の元編集者というだけでなく、30代前半で、佐井慶英さんと、すっかり素姓がばれてしまっているようです。

年収は1000万円を超えるらしく、漫画担当時代の作品は「夜王」や「華と修羅」、「嘘喰い」、「幕末紅蓮隊」など多くの人気漫画を担当し、しかも、イケメンとのこと。妻子持ちではあるものの、女癖が悪かったそうです。

集英社といえば、グラビアも扱っています。だから、佐井慶英さんともそういった仕事で接点がありそうですが、松村沙友里さんは「街中で声をかけられた」と主張しました。

もし仕事で知り合ったなら、有名な編集者なので、妻子持ちだとも知っていたでしょうし、でも、不倫と言われるのを避けるため、出会ったのはナンパだと、嘘を吐いたものと見られているようです。

おかげで、不倫と騒がれなかったわけですが、佐井慶英さんのほうは、週刊誌が発売される前に、上層部に呼ばれたそうです。それから、集英社の社長をはじめ上層部の人たちが、AKB48グループのオーナーやソニーミュージック社長の元へ行き、土下座するように頭を下げたと言います。

その日から、佐井慶英さんはコンテンツ配信部署に異動になったと報じられたとはいえ、ネットの情報では会社に来ていないらしく、解雇されたか、自主退社を促されたものと見られています。

そういった、いざこざがありつつ、騒動直後の週刊ヤングジャンプの表紙を乃木坂46の西野七瀬さんが飾るという、ファンにすれば、なんとも複雑なことになったようです。

スポンサーリンク

スキャンダル後はずっとぼっちに

路上キスが報じられ、不倫騒動に発展しそうになりつつ、メンバーは暖かく励ましてくれましたし、その後の仕事はむしろ順調に見えました。が、全く、影響がなかったわけではないようです。

というのも、紅白歌合戦への出場がほぼ内定と言われていたのが、松村沙友里さんの報道と、他のメンバーの未成年の飲酒報道によって、取り消しになったと言われているからです。しかも、松村沙友里さんには処分が下されることも、ペナルティを与えられることもありませんでした。

そのことにメンバーが不満に思ったのか、スキャンダル後は松村沙友里さんのぼっちの姿が目立ったと言います。レギュラー番組の収録の合間に、メンバー同士が盛んに話している中、一人でぼうっとしていたり、Mステのオープニングで皆が仲良しそうにポーズを取っているのに、寂しそうな顔をしていたと言います。

ぼっちの姿が目立ち、他のメンバーとの写真がネットで公開されることがなかった中で、唯一2ショット写真を撮っていたのが、星野みなみさん。皆が皆、気まずくしていたわけでなはいらしく、時間が経つにつれ、わだかまりがなくなって、今では他のメンバーとも一緒にいて親しくしている姿が見られているそうです。

スポンサーリンク

松村沙友理のまとめ

・大阪出身で明るい性格でありバラエティ班の1人の松村沙友里さんですが、実はすごく頭がよく、学歴がすごいのだそうです。中高一貫の大阪桐蔭は偏差値が63とあって、高校から受験で入るのはかなり、難しいらしいものの、松村沙友里さんは見事に合格をし、高校はほぼ1日も休ますに通い、勉学に専念し過ぎたせいか、友人はいなかったそうです。

・報じたのは「週刊文春」で2014年のことで、撮られた写真は何枚もあり、路上キスはもちろん、男性に抱きついていたり、別れを惜しんでいるものがありました。この報道を受けて松村沙友里さんは相手についてはナンパされたと言い、男女の関係になったわけでなく、アニメやマンガがなどの趣味の話をするだけ、と言いました。

・路上キスを報じられた相手は敏腕と言われていた「ヤングジャンプ」の元編集者というだけでなく、30代前半で、佐井慶英さんと、すっかり素姓がばれてしまっているようです。松村沙友里さんは不倫と騒がれなかったわけですが、佐井慶英さんのほうは、週刊誌が発売される前に、上層部に呼ばれて、コンテンツ配信部署に異動、その後は解雇されたか、自主退社を促されたものと見られています。

・、紅白歌合戦への出場がほぼ内定と言われていたのが、松村沙友里さんの報道と、他のメンバーの未成年の飲酒報道によって、取り消しになったと言われ、しかも処分が下されることも、ペナルティを与えられることもありませんでした。そのことにメンバーが不満に思ったのか、スキャンダル後は松村沙友里さんのぼっちの姿が目立ったと言います。

不倫騒動で芸能界から追いやられた人は多いですが、松村沙友里さんはなんとか切り抜けて、これからも活躍していきそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました