スポンサーリンク

立川志らくの嫁は足にタトゥーがある!偉そうで嫌いという声多数!

立川志らくさんの嫁さんは実はタトゥーを彫っているのです。

さらに立川志らくさんは偉そうと言われて嫌われています。

スポンサーリンク

M-1グランプリ2018後に立川志らくの嫁のSNSに批判が殺到

立川志らく,嫁 タトゥー,偉そう,落語 評判,m1

毎年、M-1 の大会が盛り上がるとともに、大会後は審査員の評価について、視聴者が評価する傾向にありますね。2018年の大会では上沼恵美子さんが注目の的になって審査員の引退を匂わせている他に、立川志らくさんにもSNSで多くの声が寄せられたそうです。本人へならまだしも、立川志らくさんの妻のSNSにも批判が来たと言います。

審査員の中でも立川志らくさんは、独特の点数のつけ方とコメントをしていました。かまいたちに対しては「うますぎる」と言いつつ「うまいと思わせずに笑わせるのが本当にすごい人」として点数を低めにしました。このことに対しては、批判がありつつ、納得した人も多かったものの、問題はジャルジャルへの評価。

ジャルジャルには99点をつけながら「笑えなかった」と言い「けど面白かった」と付け加えました。そのコメントに対しては「笑えなかったのに何故?」「意味が分からない」とSNSに批判めの声が多く寄せられたようです。立川志らくさんの説明では「本当に相手が面白いと悔しくて笑えないから」ということだったようです。

そうして批判が多かったものの、自分に対するものには、そんなに怒っていなかった立川志らくさんですが、妻であり女優の酒井莉加さんがツイッターで「インスタのコメントで立川志らくは審査員の資格があるのか?とあった」と言ったことには、許せなかったのでしょう。「こういう奴が世の中を悪くする」「通報する。アカウントを凍結する」とかなりのお怒りだった模様。

「言いすぎ」とまた批判する人もいれば「奥さんは関係ないだろ」と擁護をする人もいると言います。SNSの発達で、M-1の大会の審査員には年々、厳しい目を向けられ、厳しい声が多く届けられ、長く尾を引く事態になっているようです。

スポンサーリンク

立川志らくの偉そうな態度が嫌い!そのせいでひるおびを見なくなった人も!

立川志らく,嫁 タトゥー,偉そう,落語 評判,m1

落語だけでなく、映画監督をしたり舞台の演出家もこなす忙しい立川志らくさんは、一般的にはコメンテーターとして最も知られていますよね。立川志らくさんのニュースのコメントは、ネットのニュースになりやすいほど影響があり、存在感もあるので、2017年の上半期ブレイクタレント部門の1位に輝きました。

ただ、目立つ分、目もつけられやすいのでしょう。「態度がでかい」「無責任に話す」「どや顔がひどい」との批判の声もあり、「この人のせいでひるおびを見なくなった」という人もいるそうです。それらの声に対して立川志らくさんが「炎上だろうと視聴者に反応させることにテレビに出る意味がある」とコメントしたことで、さらに反感を買っている模様です。

批判だけではなく、人の顔色を窺わないではっきりきっぱり物を言うのが良いという人もいます。何かと炎上しながらも、「この人のせいでひるおびを見なくなった」という人がいながらでも、テレビ出演を続けているのなら、実は求める声のほうが大きいのかもしれません。

スポンサーリンク

立川志らくの落語の評判はあまり良くない

立川志らく,嫁 タトゥー,偉そう,落語 評判,m1

テレビではコメンテーターで活躍する立川志らくさんの本業は落語です。大学を中退して立川談志さんに弟子入りしたと言います。お師匠である立川談志さんに「弟子で一番才能がある」と言われたこともあり、今では立川一門で、弟子20人を抱える大所帯になっているそうです。

そんな立川志らくさんの肝心の落語の評判が良くないとの噂があります。コメンテーターの活躍が目立つことで「テレビなんかに出て調子に乗って」という観客の声もありつつ、他の落語さんに評価されたこともあるそうです。

立川志らくさんの落語の腕前を評価したのは三遊亭円丈さん。三遊亭円丈さんが書いた本「落語家の通信簿」で53人の落語の評価がされており、立川志らくさんには「素人落語」の烙印が押されたとのことです。53人の中でも、特に厳しく評価されていたと言います。

厳しく評価する理由については、立川志らくさんが型破りな落語をしているからではないかと、言われています。映画、音楽アニメなど、サブカルも取り入れて落語を作っているというので、新しいことをする試みもあって、試行錯誤しているのを「素人」と思われたのかもしれません。

評判が良くないと言われながらも「ガンダム落語」をしたりして話題になり、落語に興味を持つ人を増やしている一面もあります。「調子に乗っている」と言われるテレビ出演も、落語への興味につなげようという活動の1つなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

立川志らくの嫁は足にタトゥーを彫っていた

立川志らく,嫁 タトゥー,偉そう,落語 評判,m1

立川志らくさんは実は、2回結婚をしています。今のお嫁さんは元アイドルで女優の酒井莉加さん。1981年生まれで、大阪出身だそうです。

3歳から劇団で子役をしていて、18歳には「LinkLinkLink」というアイドルグループで活動。ですが、数年後に事務所が倒産したのを機に、女優に転向して、21歳の時に立川志らくさんが作った映画「SF小町」に出演したことで、2人は出会ったようです。そして、酒井莉加さんが25歳、立川志らくさんが43歳で、2006年に結婚したと言います。お子さんは女の子が2人いるとのこと。

夫婦や家族の仲良しぶりがSNSでよく見かけられるものの、そんな酒井莉加さんのツイッターにあげられた、足のネイルを撮った写真が話題になったと言います。ネイルのデコレーションぶりもすごいですが、気になるのは足の面積の大半を占めるタトゥー。アクセントにちょっとというレベルでなく、がっつり彫ってあります。

彫られている「PUNX」は1970年代を象徴する若者サブカルチャー文化を指すものらしく、「too fast to live too yong to die」は「人生は早く過ぎていくが、死ぬまでは余裕がある」という格言のようなものらしいです。どちらにしろ、落語家の妻とは思えないファンキーさを覗かせています。

落語家の妻といっても、立川志らくさんはサブカル好きな旦那なので、タトゥーも平気なのかもしれません。今、酒井莉加さんは立川志らくさんがやっている劇団「謎のキューピー」の女優と演出家に専念しているというので、芸術や文化のフィーリングが旦那さんとは合うのかもしれませんね。

スポンサーリンク

立川志らくのまとめ

恵俊彰さんに劣らず「ひるおび!」の顔になりつつある立川志らくさんですが、活躍が目立つだけ、反感も持たれているようです。

M-1 でジャルジャルには99点をつけながら「笑えなかった」と言い「けど面白かった」と付け加えたことで、「笑えなかったのに何故?」「意味が分からない」との多くの声がSNSに寄せられました。自分への批判は大目に見ていたものの、嫁であり女優の酒井莉加さんにも、インスタなどでM-1 の批判的なコメントが寄せられていると知って、「通報する。アカウントを凍結する」とかなり怒ったようです。

コメンテーターとしての活躍が目覚ましく、2017年の上半期ブレイクタレント部門の1位に輝きながら、「態度がでかい」「無責任に話す」「どや顔がひどい」との批判の声も多いと言います。「この人のせいでひるおびを見なくなった」という人もいるものの、立川志らくさんのテレビ出演はやみそうにありません。

立川志らくさんの落語は、「テレビなんかに出て調子に乗って」という観客の声もありつつ、。三遊亭円丈さんが書いた本「落語家の通信簿」で「素人落語」の烙印が押されるなど、評判が良くないとの話です。ですが、映画、音楽アニメなど、サブカルも取り入れた落語で話題を作り、興味を持ってもらおうと努力しているところも見られるようです。

妻の酒井莉加さんのツイッターにあげられた、足のネイルを撮った写真には、ネイルよりがっつり彫られたタトゥーのほうが目立って、話題になりました。彫られている「PUNX」は1970年代を象徴する若者サブカルチャー文化を指すもの、「too fast to live too yong to die」は「人生は早く過ぎていくが、死ぬまでは余裕がある」という格言のもののようです。

なんだかんだ、落語は続けているし、劇団は潰れていないようですし、映画製作には精力的なので、多く批判されている印象がありつつ、立川志らくさんは問題なく生き生きと活動をしているのかもしれませんね。

コメント