スポンサーリンク

小手伸也は月9俳優でもコールセンターでバイト!ザキヤマに似すぎ!

俳優の小手伸也さんは月9に出演していた時でもコールセンターでバイトをしていたぐらい生活に困っていたようです。

さらにアンタッチャブルのザキヤマさんにそっくりだと自他共に認めているぐらい似ています。

スポンサーリンク

小手伸也のプロフィール

小手伸也さんは俳優、声優、作家、演出家と幅広い活動をして、これまでは舞台を主にテレビでも1話きりの役などで出演をしていましたが、この頃はドラマの主要キャラとして注目を集め、とくにドラマ「コンフィデンスマンJP」では「クズカワイイ」と人気だったそうです。

人気が出てきたばかりで、まだ分からないことが多く、結婚しているかも知られていない小手伸也さんですが、その学歴と経歴はそうそうたるものです。

まず、東京都立竹早高校出身であり、早稲田大学教育学部を卒業したそうです。高校は偏差値67ほどだそうで、かなり頭がよかったようで、大学では劇団「innerchild」を主宰して、心理学や神話に特化した劇を作っていたと言います。

そんな大学時代の経験から、日本神話や古事記に関する造詣が深く、その影響もあってさまざまなギャップのある役でも演じられるのではないかと言われています。「クズカワイイ」と新たなジャンルを作り出したくらいですからね。

舞台の活動を主にしながらアニメ「遊戯王」の声優をしたり(ゲームも)、映画「特命係長只野仁」に出演したり、1話きりの役ながらドラマも「HERO」「真田丸」など数多く出てきて、「コンフィデンスマンJP」で注目されてからは、怒涛の勢いでバラエティ番組に顔を出しています。

舞台俳優の年収は、2、300万円くらいといい、バイトをしているという小手伸也さんなので、幅広い活動をしつつ、やはりそんなに稼げていなかったのでしょうが、これからは飛躍的に活動も年収も上がっていくことでしょう。

スポンサーリンク

小手伸也がザキヤマにそっくり!

小手伸也さんが注目されているのは俳優としてもそうですが「ザキヤマにそっくり」とも言われて、話題になっているとのことです。ただ似ているだけでなく、本物を演じる仕事をしたこともあると言います。

バラエティ番組「ザ!世界仰天ニュース」に小手伸也さんが出演をしたときのこと。ゲストの身に起きた仰天事件を語るコーナーになって「ザキヤマさんの影武者の仕事をしたことがあるんですよ」と打ち明けると、中居正広さんを含めスタジオ中が驚きの声をあげました。

どういう仕事だったかというと、どうしてもスケジュールが合わないザキヤマさんの代わりに、ザキヤマさんとして食リポをやってほしいとのオファーがきたとのこと。

食リポをする映像を撮ってから、後でザキヤマさんが声を当てたわけですが、そっくりとはいってもアテレコしている時点でかなり不自然なので、VTRが流れたスタジオでは徐々にばれていって、「これ誰だよ!」と結局、ツッコまれたのだとか。

本当に影武者をたてようとしたのか、そういう演出だったのかは分かりませんが、5、6年前と、そんなに昔の話でもないようです。「ザ!世界仰天ニュース」では中居正広さんのリクエストで、小手伸也さんが「くるー!」とガッツポーズをするモノマネをすると、スタジオが笑いに包まれたとのことです。

スポンサーリンク

小手伸也は月9に出演していてもコールセンターでバイトをしていた

アラフォーにして遅咲きのブレイクをした小手伸也さんは「シンデレラおじさん」と言われているそうです。ですが、本物のシンデレラが王子様と結婚して一生安泰の立場になった一方で、小手伸也さんは俳優一本にするのは怖いから、コールセンターのバイトを辞められないのだと言います。

コールセンターのバイトについて話したのは、バラエティ番組「しゃべくり007」に出演した時のこと。こんなにブレイクしたら、もうバイトしなくてもいいのでは?

と思うところ「僕みたいなぽっと出のシンデレラおじさんは、急にドカンとギャラをもらえるわけない」と言って「バイトを辞めたら、生活はギリギリアウト」という状況だと説明をしました。

なので、その時点ではまだ週4もバイトをしていて「しゃべくり007」の収録前日と収録後も、ばっちりテレフォンオペレーターをしてきたとのこと。月9のドラマでブレイクしていたにも関わらずです。

でも、いい加減、職場で顔が知られてもよさそうなものの、小手伸也さんが言うには「ウチのコールセンターはでかいので、全員にばれていない、はずです」。

こうなったら、どこのコールセンターで働いているのか気になりますが、過去に「テレコンワールド」というテレビショッピング(2003年まで放送)で働いていたというので、違う通販番組か、「テレコンワールド」を運営していたテレビ東京ダイレクト系列ではないかと言われています。

今もコールセンターで働いているなら、かなり確率が低いものの、小手伸也さんに電話を取ってもらえて、話せる機会があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

小手伸也は真田丸やエグゼイドに出演していた

ドラマ「コンフィデンスマンJP」で一気に注目度があがった小手伸也さんですが、実は「仮面ライダーエグゼイド」ですでに話題になっていましたし、そんなに顔や名前が売れていないときに、大河ドラマ「真田丸」のオファーもあったと言います。

「仮面ライダーエグゼイド」で演じたのは「天ヶ崎恋」という名前からしてクサい感じで、赤のワイシャツに白スーツで胸ポケットには赤いバラをさしているという、見た目もうるさいキャラです。

いちいちふるまいが大袈裟で、キザたらしく無駄に声は良いなど、イケメンライダーに劣らない存在感を発揮して、人気を集めていたとのこと。なので、「コンフィデンスマンJP」で小手伸也さんを見かけた人なんかは「天ヶ崎恋だ!」と喜んだそうです。

「真田丸」では浪人の塙団右衛門を演じました。歴史ものであり大河ドラマとなると夢の舞台と思っていただけに、オファーがきたときは、青天の霹靂だったと言います。オファーの理由は塙団右衛門のオレオレ的なのが合っているということで、小手伸也さんが舞台で傍若無人にふるまっているのを見てのことだったようです。

舞台には慣れていても、撮影の仕事は不得手で、勉強させてもらうつもりで臨んだという小手伸也さんですが、脚本を手掛けた三谷幸喜さんとは面識があり「面白い顔をしているね」と言われたことがあるのだそうです。それから十何年経って、念願の三谷作品の参加となったようです。

スポンサーリンク

小手伸也のまとめ

・高校は偏差値67ほどだそうで、かなり頭がよかったようで、大学では劇団「innerchild」を主宰して、心理学や神話に特化した劇を作っていたと言います。舞台の活動を主にしながらアニメ「遊戯王」の声優をしたり(ゲームも)、映画「特命係長只野仁」に出演したり、1話きりの役ながらドラマも「HERO」「真田丸」など数多く出てきて、「コンフィデンスマンJP」で注目されてからは、怒涛の勢いでバラエティ番組に顔を出しています。

・どうしてもスケジュールが合わないザキヤマさんの代わりに、ザキヤマさんとして食リポをやってほしいとのオファーがきたことがあるのだそうです。食リポをする映像を撮ってから、後でザキヤマさんが声を当てたわけですが、そっくりとはいってもアテレコしている時点でかなり不自然なので、VTRが流れたスタジオでは徐々にばれていって、「これ誰だよ!」と結局、ツッコまれたのだとか。

・こんなにブレイクしたら、もうバイトしなくてもいいのでは?と思うところ「僕みたいなぽっと出のシンデレラおじさんは、急にドカンとギャラをもらえるわけない」と言って「バイトを辞めたら、生活はギリギリアウト」という状況だと説明をしました。なので、その時点ではまだ週4もバイトをしていて「しゃべくり007」の収録前日と収録後も、ばっちりテレフォンオペレーターをしてきたとかで、月9のドラマでブレイクしていたにも関わらずです。

・「仮面ライダーエグゼイド」で演じたのは「天ヶ崎恋」で、いちいちふるまいが大袈裟で、キザたらしく無駄に声は良いなど、イケメンライダーに劣らない存在感を発揮して、人気を集めていたとのことです。「真田丸」では浪人の塙団右衛門を演じ、オファーの理由は塙団右衛門のオレオレ的なのが合っているということで、小手伸也さんが舞台で傍若無人にふるまっているのを見てのことだったようです。

これまでの幅広い活動をしてきた経歴からして、まだまだ引き出しが多そうな小手伸也さんの色んな顔を、これからずっと見ていきたいところですね。

コメント