スポンサーリンク

徳重聡がアトピーで悩んでいる!タトゥーがあるのは勘違い!

徳重聡さんにアトピー疑惑やタトゥーが彫られている疑惑を検証していきます。

スポンサーリンク

徳重聡にアトピーの疑惑が!いまだにアトピーで悩んでいる芸能人は意外といる

徳重聡,アトピー,事故,激やせ,タトゥー

徳重聡さんがアトピーではないかと疑われていると言います。芸能人の中には自らアトピーだと告白している人もいますが、徳重聡さんもそうなのでしょうか。

徳重聡さんはSNSで自分がアトピーだとは打ち明けていません。ただ、画像や映像の写り方によって、顔がアトピーになっているように見えるのだと言います。赤い斑点が見えるわけではないですが、肌がごわごわした感じで、くすんだ肌の色をしているのだそうです。

アトピーかはともかく、徳重聡さんの肌の状態は、あまり良くないのかもしれません。芸能人は歯が命というように、肌も命のように思えますが、意外に女性の芸能人でアトピー持ちの人がいるとのことです。

木村文乃さんはインスタで投稿。薬を飲んで抑えているものの、忙しくない時は薬を飲まないので、顔がうっすら赤くなるそうです。

重盛さと美さんは赤ちゃんのころからアレルギーで、長年ステロイドを塗り、ホルモン剤を飲んでいるとのこと。芸能界で仕事をはじめてからは、薬を飲む量が増えて、その副作用に悩んでいるそうです。

意外にも広末涼子さんも、幼いころからアトピーによる皮膚炎に悩んできて、そのことを打ち明けたと言います。きれいな肌に見えるものの、大人になってからの治療で、治ったそうです。

亀井絵里さんは、モーニング娘に加入してから、アトピーになったそうです。薬を飲んだり化粧でカバーしていたものの、なにせアイドルなので、汗をかいたり何度も着替えをしたり、肌を痛めることを多くして、中々症状が良くならなかったとのことです。周りと相談をして、きちんと治療してから、もどってくるか決めるとして、一旦、卒業をするそうです。

余計に肌が見られる女性芸能人でも、アトピーと戦いながら仕事をしているようなので、徳重聡さんももしアトピーなら、頑張ってほしいところですね。

スポンサーリンク

徳重聡がドラマ『西部警察』の撮影中に事故を起こしていた?

徳重聡,アトピー,事故,激やせ,タトゥー

昔、人気があった「西部警察」を新たな俳優を加えて、作ろうとしたことがありました。それが「西部警察2003」だったわけですが、そのときに事故が起こったことで、放送中止となりました。その事故を起こしたのが徳重聡さんだと言われています。

映画の撮影中に車が暴走をして、観覧に来ていた人らに突っ込んだのだそうです。猛スピードで突っ込んだので、怪我人が出てしまい、当時石原プロモーションの社長だった渡哲也さんは記者会見で謝罪と、怪我をした人に謝罪に行く事態になりました。そして、怪我人が出た以上はと、放送中止になったようです。

このときの車を暴走させたのが徳重聡さんだと言われているわけですが、実は違うのだと言います。車に乗っていたのは、同じく若手俳優の池田努さん。池田努さん曰く、「いいところを見せたかった」「アクセルを踏みすぎて、急発進したら、車の後ろが大きく振られた」とのこと。

実際は車に乗っていないのに、誤解されたのは、当時、徳重聡さんのほうが注目され、知名度もあったからだと思われます。今でも誤解したままの人もいるようですが、本当に事故を起こしていたら、事件後も徳重聡さんが西部警察シリーズに出演したり、イベントをすることはないでしょう。

スポンサーリンク

徳重聡にタトゥーはない!ただの勘違い

徳重聡,アトピー,事故,激やせ,タトゥー

徳重聡さんにタトゥーがあると、言われています。あの厳しそうな石原プロモーションで、タトゥーが許されるものかと、信じられない話ですが、どうやらオーディションの時の出来事が勘違いして伝わったことのようです。

2000年に開催された、21世紀の石原裕次郎を探す目的の新人発掘オーディションで、徳重聡さんがグランプリに輝いたのは誰もが知っていることでしょう。が、実は繰り上げたったという話は、知らない人が多いようです。

繰り上げになった理由は、本来グランプリになるはずだった人にタトゥーがあると分かって、降ろされたからです。やはり、石原プロモーションは、そういったことには厳しいのでしょう。

それで、時間が経つにつれ、この話がごっちゃになっていき、グランプリになった人にタトゥーがあったから徳重聡さんが繰り上げになった⇒グランプリになった徳重聡さんにタトゥーがあったと、変わっていたのだと思います。

徳重聡さんは21世紀の石原裕次郎とされるだけあり、注目が高い分、ちょっとしたことで誤解を招きやすい辛い立場にもあるようです。

スポンサーリンク

徳重聡が激やせして心配される

徳重聡,アトピー,事故,激やせ,タトゥー

前作が大ヒットして、期待される続編の「下町ロケット」に徳重聡さんが出演をして、大きな反響を呼んでいると言います。反響というのが「今までとイメージが違う」「別人かと思った」というものです。

それらの声は、いつもの爽やかな好青年のイメージと違った、嫌みなエンジニア、軽部の演技を褒めるものもありつつ、激やせをして容貌が変わったことも言っているようです。

デビュー当時から比べればもちろん、「下町ロケット」ではこれまで以上に激やせしているように見えると言います。本人が相当に意気込んでいるというので、役作りなのかもしれませんが、激やせぶりからして意気込みすぎているように思えて、「倒れるのではないか」視聴者は心配になるようです。

ただ、徳重聡さんが別人に見えるのは、容貌だけでなく、声の出し方にも理由があるのでしょう。昔は声が高かったという徳重聡さんは、石原プロモーションに入ってから指導を受けて、低い声を出せるようになったとのことです。指導の賜物で、「下町ロケット」ではやや掠れた低い声で演じて、そのことでまた「イメージが違う」と驚かれているようです。

スポンサーリンク

徳重聡のまとめ

21世紀の石原裕次郎と謳って売りだしてきた徳重聡さんは、中々、思うように売れてこなかったイメージがありますが、誤解や勘違いでイメージが悪くなったこともあるようです。

徳重聡さんは画像や映像の写り方によって、肌がごわごわした感じで、肌の色がくすんで見えることから、アトピーではないかと言われています。ただ、女性有名人でもアトピーながら仕事をしている人がいるので、徳重聡さんも、もし本当なら、同じように頑張ってほしいところです。

映画「西部警察2003」の撮影中に、観覧していた人らに、暴走した車が突っ込むという大事故がありました。その車に乗っていたのは、若手俳優の池田努さんだったものを、同じく若手で、注目され知名度があったことから、徳重聡さんだと誤解されたようです。

2000年に開催された、21世紀の石原裕次郎を探す目的の新人発掘オーディションで、徳重聡さんは繰り上げでグランプリになったと言います。本来、グランプリになるはずだった人にタトゥーがあったからで、その話がいつしか「グランプリになった徳重聡にはタトゥーがある」と変わっていき、誤解をされたようです。

続編の「下町ロケット」に出演している徳重聡さんは嫌みなエンジニア、軽部を演じていて、「今までとイメージが違う」「別人かと思った」と反響を呼んでいるようです。演技を褒めるものもありながら、役作りなのか激やせしすぎて心配する声もあるようです、

オーディションから大分経って、いいのか悪いのか、21世紀の石原裕次郎というイメージも薄れてきた徳重聡さんには、もう重圧を背負うことなく、もっと自由に活躍をしてほしいところですね。

コメント